News、インフォメーション

< 新型コロナウィルス問題に関連してのお知らせ >

 

ご予約の方は、ご自身の体調管理にご注意いただき、レッスン当日には同時間帯に他の生徒さんも入りますので、くれぐれも無理をしての参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。

またレッスン中講師はマスク着用させていただきます。2点につきまして引き続き、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

再び「 緊急事態宣言 」が発令されました。

ご予約のキャンセルが発生したり、ご予約自体が入らなくなる状態が続くと思われますので、この「 宣言 」が解除されご予約状況が改善するまでの間は、有機野菜の取り扱いを中止いたします。

ご理解のほどお願いいたします。

「2021年7月の献立をお知らせします!」

7月前半

7/1(木)~7/15(木)は、エビのチリソース煮(干焼蝦仁~カンシャオシャレン) ナスとベーコンの中華風甘酢あん、きゅうりと新生姜のピリ辛漬け の3点です。

 

今回は中華の3品となります。

「 海老のチリソース煮(干焼蝦仁) 」は毎年夏の恒例「辛い系献立」の定番、スタンダードな「 エビチリ 」を家庭でまねできる調理方法でレッスンします。市販のエビチリの素なんか必要ありませんよ、案外家庭にある調味料でできちゃうんです。調理のコツを覚えるとともに、エビの殻むきや下処理方法をしっかり学びましょう。

 

「 ナスとベーコンの中華風甘酢あん 」は夏から秋が旬の茄子ナスを使って、甘酢味のあん仕立てに調理します。暑い夏に酢のさっぱり感って欲しくなりませんか?ナスは酢が入るとナスの色自体は悪くなってしまいますが、とても相性のいい美味しさを生み出す組み合わせなんです。食欲落ちそうなときに食べやすいとろっとした1品ですよ。

 

「 きゅうりと新生姜のピリ辛漬け 」はこの時期が旬の新生姜を使った中華漬物になります。当教室では秋から冬にかけては毎年生姜たっぷりの献立でレッスンしていますが、夏のこの時期はこの時期ならではの新生姜で、涼を取りながら身体の中を活性化させましょう!冷たく冷やしてサラダ感覚でバリバリ食べられる漬物です!

7月後半

7/16(金)~7/31(土)は、豚肉の胡麻しゃぶサラダ仕立て、ナスの生姜そぼろ炒め、ひじきの煮物 の3点です。

 

今回は和食の3品となります。

「 豚肉の胡麻しゃぶサラダ仕立て 」は毎年の人気献立ですので今年もレッスンに取り入れました。普段から当教室では教科書通りのレッスンをあまりしません。このレッスンも同様で「 こんな方法で作るなんて全く想像してなかった~ 」っていう生徒さんもたくさんいらっしゃいます。ぜひ今年の生徒さんも学んでほしいですし、というか毎年このレッスンを受ける生徒さんもいらっしゃいます、その方いわく、「 だって自分でこの材料揃えること考えたら、ここにきて失敗なく作った方が絶対お得だと私は思ってるんです、毎年でもぜんぜん来ます。」っておっしゃっていました。今回も美味しい胡麻ダレのレッスンもしますよ。(「豚しゃぶ」は昨年同様の献立ですが、その他の2品は今年は違います、下記参照ください。)

 

「 ナスの生姜そぼろ炒め 」はこの時期美味しい茄子ナス、前回の中華献立に引き続き使ってレッスンします。続けて来れば中華風と和風のナスレシピが2品もバリエーションに加えられますよ。今年初めて登場のレシピになりますが、とても家庭的で、白いご飯のおかずにぴったりな1品です。男子やお子さんのご飯をかき込む姿が想像できるかも・・・^^そんな味です。調味料も単純ですので是非レパートリーに加えてください。

 

「 ひじきの煮物 」は、いままで「ひじき」はレッスンにたくさん使ってきました。でもなんと一番オーソドックスな「 ひじきの煮物 」は今回が初登場なんです!私はコンビニ弁当とかの端っこに居ながら食べられずにゴミ箱行きになっている姿を何度も見たことがあります。ですからてっきり皆さんは「ひじきの煮物」が一般的には嫌われ者なんだと思って、献立に加えませんでした。とはいえ、ひじきは是非食べてもらいたい食材なので、洋食や中華などにアレンジしたものを紹介してきたんです。でも、なんとなんと、ウチの教室に来てくださる生徒さんは料理に対する意識がとても高いのか、「普通のひじきの煮物ってここではやらないんですか?基本的なひじきの煮物を作ってみたいんですけど・・・。」って方が何人もいらっしゃって、「へぇー、でも嫌いでしょ?純和風な感じって・・・。」と聞くと、「確かに既製品やお惣菜として売っているのは何だかすごく甘ったるかったりしょっぱかったりして食べないんですけど、作ってはみたいんです、自分で作れば味の調節できますし、ここでなら身体に良くないめんつゆみたいな添加物系の物使わないし。」なるほどね~、ってことでレッスンに加えることにしました^^!純和風な本当に基本的なひじきの煮物を手軽に作る方法を学んでいただきます。

「2021年8月の献立をお知らせします!」

8月前半

8/1(日)~8/15(日)は、簡単 バターチキンカレー風 鶏ささみとセロリのオリーブ和え コールスロー(ツナ入り) の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。

「 簡単 バターチキンカレー風 」 毎年夏にはカレーを2種類レッスンに取り入れています。一つは毎年レッスンしている日本人の好みにぴったり合った「 欧風カレー 」です。このレッスンは終了しましたね。今回別の種類のカレーはバターチキンカレーをレッスンすることにしました。今は結構インド系のカレーが好き!という日本人も多くなってきましたよね。中でもバターチキンカレーはインド系カレーの中でも特に日本人には人気です。本格的にはある工程が無いと作れないので、今回は「バターチキンカレー風」ということで日本の家庭料理向けに簡単にアレンジしたレシピをレッスンしていきます。

 

「 鶏ささみとセロリのオリーブ和え 」は、夏の暑いこの時期にこそ香りの強いセロリを身体に摂り入れることで、夏バテを防ぎ体の中から涼を取っていただきたいと思ってレッスンに加えました。セロリが嫌いな方にとっては残念なレシピかもしれませんねf^^;。でもセロリの香り成分アピインはイライラを鎮め精神を安定させる効果もあるので、暑さの中いろいろなものが不安定な方には向いている食材ですよf^^;。

 

「 コールスロー(ツナ入り) 」は、意外にも当教室のレッスンでは一度も実施していなかったコールスローを取り入れてみました。「コール」はキャベツのこと、「スロー」はサラダのことを意味しますので、コールスローサラダと言うと「キャベツサラダサラダ」になってしまうんですね。暑い季節ですし、カレーのお供としてはサラダは欲しいとこですよね。簡単ではありますが、切り物の量が多いので包丁使いに注意してレッスンしましょう。

8月後半

8/16(月)~8/31(火)は、お肉たっぷり麻婆豆腐(マーポォードォウフゥー)、鶏肉と小松菜の中華みそ炒め、ハムと野菜のピリ辛中華和え の3点です。

 

今回は中華の3品となります。

「 お肉たっぷり麻婆豆腐(マーポォードォウフゥー) 」は2019年に実施たレッスンの復活になります。エビチリと並んで中華の辛い料理の定番になりますが、今回はお肉感たっぷりの麻婆豆腐をレッスンしますよ。辛さを控えたい方は事前にご相談ください。

 

「 鶏肉と小松菜の中華みそ炒め 」は、鶏のこま肉を使用した新たな1品です。ウチの教室は味噌の味つけをほとんどレッスンしていないので、今回は久しぶりに取り入れましたf^^;。

 

「 ハムと野菜のピリ辛中華和え 」は、いままで中華の和え物をレッスンで取り入れていませんでしたので、中華の和え物初登場です。サラダ感覚でむしゃむしゃ食べれる和え物ですし、まだまだ暑い日が続きますのでピリ辛に仕上げました。

「2021年9月の献立をお知らせします!」

9月前半

9/1(水)~9/15(水)は、豚ロース肉の生姜焼き 粉ふき芋添え きゅうりとちくわのわさび醤油和え 大根と人参のポリポリ甘酢漬け の3点です。

 

今回は和食の3品となります。

「 豚ロース肉の生姜焼き 粉ふき芋添え 」は、毎年恒例の献立になりますね。生姜焼きもいろいろな生姜焼きがあります。お肉の種類が違ったり中に入る野菜が違ったり・・・。当教室でのレッスンでは豚ロース薄切り肉を使って生姜焼きを作っていきます。家庭料理の定番中の定番ですが、ちょっとリッチな気分になれるロース肉なので、おもてなしに提供しても決して恥ずかしくないはずですよ。

付け合わせには小学校の家庭科でも習ったはずの粉ふき芋をレッスンします。小学校時代の家庭科の思い出はありますか?男子は家庭科に興味ないから忘れているでしょうね、女性の皆さんは是非思い出してみてください。「 私が○○君のじゃがいもを剥いてあげようと思ったのに、○○子に奪われたんだわ、そう!今思い出した!私の○○君だったのに~~~、キィィィー!許せない!」ってなことになりませんように・・・・。

 

「 きゅうりとちくわのわさび醤油和え 」は、まだまだ暑い日が続く季節ですので、身体を冷ますきゅうりを使った一品です。意外にもわさびを使うのは当教室では初めてですのが、わさびの香りは目覚めを良くするなどともいわれるように覚醒作用があるようですので、暑さに負けず夏バテしないよう、わさびを使った和え物で疲れた身体をシャキッとさせましょう。

 

「 大根と人参のポリポリ甘酢漬け 」は、こちらもまた、まだまだ続く暑さ対策の1品でもあります。甘酢で調味した漬物ですので、覚えておくと作り置きとしてとても重宝です。漬け汁の甘酢とわかめなど海藻を合わせれば簡単に酢の物を楽しんでいただけますし、ポリポリと歯ごたえを楽しむ漬物としての利用だけにとどまらず、いろいろな野菜のノンオイルドレッシングとしても活用してくださいね。

9月後半

9/16(木)~9/30(木)は、ポークビーンズ、エビときのこのマリネサラダ、かぼちゃとひじきのベーコンソテー の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。

「 ポークビーンズ 」はアメリカの代表的家庭料理です。初めて缶詰のインスタント食品にされたのでは?という歴史もあるくらい古くから愛された献立です。1832年のアメリカの料理本によると塩漬けの豚肉と白いんげん豆と胡椒というとてもシンプルな材料で作られていたようですが、時代の流れとともにアメリカ人の好きなトマトベースの味へと変化していったようです。アメリカでは白いんげん豆で、日本では大豆で作られることが多いようですが、今回はミックスビーンズを使用してレッスンしますよ。豚こま肉を使用しますが、お肉感を感じるように作っていきましょう。

 

「 エビときのこのマリネサラダ 」は久しぶりにエビをサラダに取り入れた一品です。これから旬のきのこを使ってマリネサラダに仕上げます。今回はしめじとマイタケを使用しますが、ご家庭ではお好みのきのこ類を使ってください。作り方は同じですよ。

 

「 かぼちゃとひじきのベーコンソテー 」は2019年にレッスンに取り入れた一品です。久々の復活になりますが、個人的にはとても大好きな献立ですのでプライベートでは頻繁に作っています。これからかぼちゃも美味しい季節ですので是非レッスンしてみてください。かぼちゃとひじきって合うの?っと思ったあなた、ひじきだって洋食に取り入れて楽しむことできるんですよ、という所を学んでほしいですね。

「2021年10月の献立をお知らせします!」

10月前半

10/1(金)~10/15(金)は、青椒肉絲(チンジャオロースー)、肉団子と春雨のピリ辛中華煮、ブロッコリーときのこの中華炒め の3点です。

 

今回は中華の3品です。(こちらは2019年にレッスンに取り入れた3品となります)

「 青椒肉絲(チンジャオロースー) 」青椒はピーマンのこと、肉絲は細切りした豚肉の事。牛肉ではありませんよ。これを家庭で簡単に作れる方法を学びます。今回はタケノコではなく、これから美味しい「じゃがいも」を使って作ります。茹でて売っている真空パックのタケノコには保存料が入っていますので独特のにおいがあります。それを取り除く手間を考えたら、じゃがいもで代用する方が簡単で安心して食べられますよね。青椒肉絲(チンジャオロースー)はタケノコを必ず使わないといけないわけではありません、必ず必要なのはピーマンと細切り豚肉ですので他に使用する材料はなんでもOKです。

 

「肉団子と春雨のピリ辛中華煮」は斬新な肉団子の作り方をご紹介し、効率よく合理的な調理法と春雨の扱い方について学びます。何回かレッスンをされている方は以前に洋食で取り入れたミートボールの作り方と同じです、復習のつもりでレッスンしてみてください。

 

「ブロッコリーときのこの中華炒め」はブロッコリーの栄養をしっかり取るための工夫とこれからたくさん出回るきのこの扱いを学びましょう。

冬場から通っていらっしゃる方はブロッコリーの復習になりますよ、思い出しながら調理してくださいね。

10月後半

10/16(土)~10/31(日)は、鯖サバの味噌煮、鶏もも肉と根菜の煮物、切干大根ときのこの玉子とじ の3点です。

 

今回は和食の3品です。

「 鯖サバの味噌煮 」は好評ですので毎年レッスンに取り入れています。味噌煮にするときサバの切り身をそのまま使用していますよね、そうすると骨が入ったままなのでとっても食べにくくて魚が嫌いになっちゃう方もいます。もちろん魚には骨が付いてるの当たり前なんだから自分で取り除きながら食べればいいんだ!という食育も大事だとは思いますが、できれば食べやすい方が良いですよね。ちょっと手間ですが、骨を抜いてから味噌煮にする方法で今年もレッスンしていきます。教科書通りの煮方ではありませんのでしっかり学んでくださいね。

あ、それからこの骨を抜く作業を「 面倒くさいから私は骨取らなくていいです。 」と言った生徒さんがいました。骨を取る作業をせずに煮ていただいても構いませんので、ご予約の際「 骨は取らずに煮ます 」とご記入ください。

 

「 鶏もも肉と根菜の煮物 」はこれからの時期美味しい根菜類を煮物に作ってレッスンします。何種類かの根菜が入りますが、切り方ひとつで作る手間を減らして簡単に煮物を作れる方法を学んでいきましょう。

 

「 切干大根ときのこの玉子とじ 」は乾物の切干大根とこれからが旬のきのこ類を使って玉子とじ料理を作っていきます。切干大根は今まで洋食や中華に使用する機会をわざと作っていましたが、前回の切干大根の煮物に引き続き、オーソドックスな和食で今回も使用しますよ。

今後の「スポット講習会」について

< 重要なお知らせです >

スポット講習会についてですが、この講習会は同時間帯に講師含め4~5人以上が同時にレッスンするスタイルになりますため、新型コロナ感染拡大防止の観点から、しばらくの間開催を見送らせていただくことといたしました。新型コロナ感染が収束する、またワクチンが開発されるなどが本格化した時点での再開となりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。