News、インフォメーション

< 新型コロナウィルス問題に関連してのお知らせ >

 

ご予約の方は、ご自身の体調管理にご注意いただき、レッスン当日には同時間帯に他の生徒さんも入りますので、くれぐれも無理をしての参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。

またレッスン中講師はマスク着用させていただきます。2点につきまして引き続き、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

「2021年11月の献立をお知らせします!」

11月前半

11/1(月)~11/15(月)は終了しました。

11月後半

11/16(火)~11/30(火)は、鶏肉の唐辛子炒め(宮保鶏丁グゥオンバオジーディン)、生姜肉団子の甘酢あんかけ、大根とニラの中華サラダ の3点です。

 

今回は中華の3品です。

「 鶏肉の唐辛子炒め(宮保鶏丁グゥオンバオジーディン) 」は、中国には唐辛子を使った料理がたくさんありますが、四川料理としてもポピュラーな鶏肉を使った一品をレッスンします。丁宝楨(ていほうてい)という清の時代の官僚が好きだったと言われえる鶏肉、唐辛子、ピーナッツを使った料理で、四川料理というジャンルではない中国料理店でもメニューに載っているくらい有名な料理だそうです。

辛みが特徴ですので、辛いの苦手な方は事前にお知らせください。

 

「 生姜肉団子の甘酢あんかけ 」は、これからの寒くなる季節にはしっかり生姜を取り入れて、免疫力を高めてもらいたいとの思いからの1品です。本当に生姜がたっぷり入った肉団子を本来は油で揚げますが、揚げずにもっと手軽に作る方法をレッスンしていきます。

 

「 大根とニラの中華サラダ 」は、この教室がスタートした2019年の一番最初の献立に取り入れた懐かしい1品を復活させました。これからの時期は大根も美味しくなる季節ですのでたくさん食べてほしい1品ですね。体験レッスンのサラダの応用編ですので、体験レッスンをされた方はしっかり復習してくださいね。

「2021年12月の献立をお知らせします!」

12月前半

12/1(水)~12/15(水)は、生姜たっぷり豚バラ大根、ごぼうと人参のシャキシャキ甘酢生姜煮、厚焼き玉子(小ねぎ入り) の3点です。

 

今回は和食の3品です。

「 生姜たっぷり豚バラ大根 」はまたこの時期特有のと言いますか、この教室特有の生姜をたっぷり使った1品。秋から冬場にかけてこの教室では、生姜をたくさん使った献立が登場します。それはなぜか?毎年のことですが、インフルエンザなどが流行るこの時期に欠かせないパワー食材が「 生姜 」だからに他なりません。そして講師自身が生姜大好き人間!私情を献立に挟んでいいのか!!そんなことで生徒さんが納得するのか!!責任者出せ!責任者!「 はい?私ですけど、何か・・・。」てなわけで茶番はこのくらいにして、生姜は本当に免疫力アップに欠かせないスーパーフードです。よく生姜って余ってしまって使い切れないんです、って言ってた生徒さんが、教室に通ったら、「めっちゃ生姜使うようになって全然余りません!しかももうチューブの生姜は絶対使いません!だって味ぜんぜん違うんですもの!」っていう方、ただいま増殖中です。

 

「 ごぼうと人参のシャキシャキ甘酢生姜煮 」は、これも生姜たっぷり献立の中の1品です。生姜嫌いな人にとっては、嫌がらせ以外のナニモノでもありませんね。生姜と並んで滋養強壮の食材として「ごぼう」があります。このごぼうと人参を使ってシャキシャキした生姜入りの酢の物をレッスンに取り入れました。ごぼうは久しぶりに「ささがきごぼう」で対応していきます。以前やったことある方は復習しておきましょう。

 

「 厚焼き玉子(小ねぎ入り) 」は、2019年にレッスンに取り入れて人気だったレッスンの一つですが、昨年は卵系の献立を他にも結構取り入れていたので復活しませんでした。というか講師がすっかり忘れてました。そんなことでいいのか!!この教室は我々をバカにしてるのか!!責任者出せ!責任者!「 はい?私ですけど何か???」この茶番もうええがな・・・。

はい、失礼いたしました。というわけで、今年は2年ぶりに復活です。基本は甘い系の関東東北バージョンの厚焼き玉子を2本焼いてもらいますが、「甘いのは苦手」という西側地方で育った方は砂糖を抜いたバージョンで焼いてもらいますので、できましたらご予約の時に「 厚焼き玉子は甘くないバージョンでお願いします。」と事前にお知らせください。

12月後半

12/16(木)~12月31日(金)は、簡単ローストビーフ、肉詰めピーマンのパーティーツリー風、手羽元チキンの塩ビネガー煮 蕪グリルとともに

 

この献立は特別献立です。普段通っている方への感謝の献立ですので、当教室のレッスンを一度も受講していない方は、申し訳ありませんがご予約いただけません、ご理解ください。

今回は洋食の3品です。(今年もこの献立やらないわけにはいかないっしょ!)

ウチの教室ではどこぞのセレブリティな先生が開催しているようなオシャレな献立は全くやりません!

ですが、しかし、さすがに、年末ですし、今年もコロナのこともあって陰鬱な一年になってしまいました。なんと昨年はこの献立はラッキー!ってことでいつも2品しか作らない初心者クラスの方たちまでもがプラスのお金払うから3品作りたい!という方がたくさんレッスンして頂きましたので、今年もやらない訳にはいかないでしょ、ってことで再レッスンすることにいたしました!!(パチパチパチ)

ハッキリ言ってこのレッスンは教室的には赤字です(マジで)、でもこれから年末年始にかけて、皆さんおウチでパーティとまではいかなくても家族や親せきお友達などが集まる機会も多くなることでしょう。(ん?多くなるのか?今年は・・・。)ぜひその時の1品に加えて頂けるようなレッスンをしたいと思い、パーティー料理を再レッスンです。パーティー料理といっても、近所のスーパーで揃えられるものばかりですから安心してくださいね。お時間の都合がつきましたらご予約してみてください。(自分でこの料理をデパ地下なんかで揃えたら、とても5500円じゃ揃えられない!といって毎年参加される方もいらっしゃいますよ。)

普段は回数チケットで「 初心者クラス2品 」だけど、今回は3品作りたい!という方は回数チケットを使用せず、今回だけ5500円税込をお支払いいただくか、チケット1回分4000円に1500円プラスする方法でお支払い頂ければ3品のレッスンを受けられます。

 

「 簡単ローストビーフ 」はフライパンで作る牛のもも肉を使ったローストビーフです。「牛のたたき」になってはローストビーフではありませんので火の通し方を学んでいただきます。付け合わせは敷き野菜としてブロッコリー人参じゃが芋のソテーを作ります。

 

「ピーマンの肉詰め」ってわりとスタンダードな料理ですよね、これをパーティーツリー風に盛り付ける方法も含め学んでいただきます。今までのひき肉料理にはつなぎを使わないバージョンでしたが今回の肉ダネは卵をつなぎに使った1品です。1/2ケ分とか中途半端には使いません、とにかく講師は食材をムダにすることが嫌いなので使うなら1ケ使っちゃいます、そうすればムダになりませんし、実はそうすることが必要な理由もあるのでそこらへんも学んでください。

 

「 塩ビネガー煮 」はわざとチキンをこんな形にしちゃいました!ハイ!皆さんの言わんとしていることは分かっています、年末年始にチキンと言えばフライドチキンが当たり前じゃないか!!怒ってる方いらっしゃいますよね、でも、そうでなくても呑む機会も油っぽい物を食べる機会も増えるこの年末年始だからこそ、あえてこういう骨付きチキンの料理法なら胃に負担をかけずに皆さんと楽しい時間を過ごしてもらえるのではないかなぁ、と身体のことも気遣っての1品です。時間の掛かる1品ですのである程度の煮る作業は教室側で準備しておきますが難しい作業ではないので簡単に学んでいただけます。ガラムマサラというスパイスも使っているので香り豊かな1品でこの時季らしい仕上がりです、また合わせて使用するカブには消化を促進してくれる成分もたくさん入っているので胃腸にとても最適です!講師自身はこれが一番人気ないかなぁ~って思っていましたが、昨年もおととしもこのチキンが美味しかった!フライドチキンは重たくなるからこれの方が断然いい!ていう方多かったんですよ。

2022年1月1日㈯~1月6日㈭まで年始休業といたします。

「2022年1月の献立をお知らせします!」

1月前半(1月はレッスン期間がいつもと異なります。前半は1/7㈮~1/20㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

1/7(金)~1/20(木)は、酢豚(ケチャップベースの赤い酢豚)、豆腐とベーコンの中華うま煮、棒棒鶏バンバンジー の3点です。

 

今回は中華の3点です。(この献立は2019年に好評だったレッスンです。昨年は醤油ベースの茶色い酢豚を実施したので今回は赤い酢豚です)

中華の定番料理「 酢豚 」、醤油をベースにした茶色い「酢豚」とトマトケチャップをベースにした赤い「酢豚」がありますね。今回はケチャップベースの赤い色の「 酢豚 」を作りますよ、お子さんにも食べやすい日本人が慣れ親しんだ味わいの「 酢豚 」を学びます。ポークビーンズをレッスンした方はその応用編にもなる酢豚です、手軽に塊り肉に変化させて調理する方法を覚えておくと重宝です。

 

気温の低い日が続いてくるとトロっとしたうま煮のような料理を食べて身体を温めたくなりますよね。洋食のイメージが強いベーコンを利用した初心者向けな1品を「豆腐とベーコンの中華うま煮」で学びます、今回のとろみのつけ方はちょっと工夫が必要です。とろみの付け方も今一度しっかり学びましょう。

 

バンバンジーといえば前菜の王様ですよね。今回は鶏のむね肉を使用してしっとり柔らかに仕上げるワザを学びます。茹でるときに出る、鶏のゆで汁は、せっかくですからお持ち帰りいただいて是非おウチでスープに仕立ててみてください。

1月後半(1月はレッスン期間がいつもと異なります。後半は1/21㈮~2/3㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

1/21(金)~2/3(木)は、鰤(ぶり)大根 針ねぎ生姜添え、鶏もも肉と里芋の生姜煮、さつま揚げと小松菜ともやしのごま和え の3点です。

 

今回は和食の3品です。

「 鰤(ぶり)大根 針ねぎ生姜添え 」は、この時期美味しいブリの定番料理といえばブリ大根ですよね。昨年も実施して大変好評だった献立です。毎年好評なのに今年はやりませんでは、今年の生徒さんたちが残念な思いをしますので2022年も実施します。時間の関係上、大根は教室の方で下煮をしておきますが、ブリの下処理は皆さんにやってもらいます。大好きな彼の胃袋つかむために頑張るぞ!という方はチャレンジしてみてください。煮魚ですからサバの味噌煮をレッスンされた方は応用になりますので、今一度思い出しておきましょう。今年も薬味の針ねぎ生姜ももちろんあります。

 

「 鶏と里芋の生姜煮 」は、これまた生姜をたっぷり目に使った新献立。そして今が旬の里芋をレッスンに取り入れますので、里芋の扱い方をしっかり学びましょう。材料は鶏もも肉、里芋、しいたけととてもシンプル。シンプルで簡単な煮物ですから初心者の方にぴったりですね。ただし、里芋の扱いはヌルヌルしていますので大変注意が必要ですよ。

 

「 さつま揚げと小松菜ともやしのごま和え 」は、今までレッスンの中にごま和えを取り入れていなかったので初のレッスン献立になります。野菜たっぷりでむしゃむしゃ食べる感じのごま和えをレッスンしましょう。少しだけ切干大根も入れます、切干大根には重要な役割がありますのでそのこともしっかり理解できると良いですね。

「2022年2月の献立をお知らせします!」

2月前半(2月はレッスン期間がいつもと異なります。前半は2/4㈮~2/17㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

2/4(金)~2/17(木)は、クリームシチュー(チキン又はポーク)、ジャーマンポテト、大根とグリルエリンギのハムサラダ(ピクルス入り) の3点です。

 

今回は洋食の3品です。

「 クリームシチュー 」は人気の献立でしたが、昨年は実施しませんでしたので再登場です。ルゥを作って仕上げる少しだけ技術の必要なシチューですが、定期的に通っている生徒さんは欧風カレーの時のルゥ作りを覚えていれば、その時よりは短時間で作れるので、ルゥ作りの応用編として学んでください。生クリームなど小洒落たものは使いません、だってそんなもの使ったって余った生クリーム結局使わないで捨てちゃうことになるでしょ、そんなモッタイナイことはしてほしくありませんから・・・、牛乳だけで充分です。食べた生徒さんが「 これ牛乳だけで作ったとは思えない 」とびっくりした方もいらっしゃいます。

お肉はポークかチキンかを選択できます、ご予約時にどちらにするか<連絡事項>欄にご記入ください。記入が無い場合はこちらでランダムに決めさせていただきます。

 

「 ジャーマンポテト 」はもともとはドイツ料理のシュペックカルトッフェルン(ベーコンとジャガイモ)、ブラートカルトッフェルン(焼きじゃがいも)という料理が基本となり、日本流にアレンジされた献立のようですね。ドイツではいろいろなハーブやスパイスも使用されることが多いようですが、今回は日本人が食べやすいスタイルで簡単に作れる方法でレッスンに取り入れていきたいと思います。

 

「 大根とグリルエリンギのハムサラダ(ピクルス入り) 」はこの時期が旬の大根をグリルしたエリンギと一緒にサラダに仕立てて作っていく方法をレッスンします。ドレッシングには刻んだピクルスを混ぜますが、ピクルスが苦手な方は入れないようにしますので、ご予約時に<連絡事項>欄に、ピクルス無しでお願いします、とご記入ください。

2月後半(2月はレッスン期間がいつもと異なります。後半は2/18㈮~3/3㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

2/18(金)~3/3(木)は、鶏とカシューナッツの中華炒め(腰果鶏丁ヤォグォジーディン)、春雨と厚揚げの辛味煮、大根とちくわの中華風照り煮 の3点です。

 

今回は中華の3品になります。(こちらの3品は2021年に実施した3品となります、緊急事態宣言のために受講できなかった方がたくさんいらっしゃいましたので再レッスンです)

「 鶏とカシューナッツの中華炒め(腰果鶏丁ヤォグォジーディン) 」は中華の定番料理の一つですね。この料理は実はアメリカ発祥の中華料理って知っていましたか?まぁカシューナッツ入ってるとこがもうすでにアメリカナイズされてますので知ってる方は多いかもしれませんね。中国名では「腰果鶏丁」と表記しますが腰果がカシューナッツのことだそうです。発祥の地スプリングフィールドでは鶏を炒めるのではなく揚げて作っているようですが、教室では炒めるスタイルでレッスンしていきますよ。

 

「 春雨と厚揚げの辛味煮 」は久々に春雨を使った献立ですね。乾物の春雨の戻し方など学んでいきましょう。ピリ辛な味がご飯にもマッチする1品ですから丼ぶりにしちゃうのもアリかも。

 

「 大根とちくわの中華風照り煮 」は昨年もこんなに単純な調味料でも美味しいと言っていただいた献立の再登場です。昨年も2回味見をしてもらって違いを体験してもらったので、今回もそんなレッスンの仕方で学んでいきましょう!

今後の「スポット講習会」について

< 重要なお知らせです >

スポット講習会についてですが、この講習会は同時間帯に講師含め4~5人以上が同時にレッスンするスタイルになりますため、新型コロナ感染拡大防止の観点から、しばらくの間開催を見送らせていただくことといたしました。新型コロナ感染が収束する、またワクチンが開発されるなどが本格化した時点での再開となりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。