News、インフォメーション

< 新型コロナウィルス問題に関連してのお知らせ >

 

ご予約の方は、ご自身の体調管理にご注意いただき、レッスン当日には同時間帯に他の生徒さんも入りますので、くれぐれも無理をしての参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。

またレッスン中講師はマスク着用させていただきます。2点につきまして引き続き、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

尚、レッスン受講者のマスクは必要ありません。

「2024年6月の献立をお知らせします!」

6月前半

6/1(土)~6/15(土)は終了しました。

6月後半

6/16(日)~6/30(日)は、欧風カレー(ポークorビーフorチキン) じゃがいもとズッキーニのアンチョビソテー キャロットハムサラダ の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。(2品が新献立です)

「 欧風カレー 」は毎年実施のレッスンでたいへん好評頂いているので、今年もレッスンしていきます!昨年同様ルゥは自分で作って調理しますので、化学合成された油を身体に摂り入れることなく食べられるからモタレませんし、胸焼けしませんよ。既製品のルゥを使っているアナタ!そのルゥの油脂は身体で分解されない油脂だと知っていますか?だから溜まって溜まって体調が悪くなるのです。自分でルゥからカレーを作ってみませんか。今までの生徒さんの反応は、「思ってたほど手間がかからないので家でも作ってみたいと思います」という方結構いらっしゃいましたし、「カレーは子供たちが好きだから市販のルゥで作ってますけど、私自身は胃が重くなるのであまり食べていませんでした、でもこのカレーにしたら全然胃が重くならないので本当にびっくりしました。」という方も毎年いらっしゃいます。家族の健康も、そしてご自身の健康も考えて、一度トライしてみませんか?今回もお肉はビーフ・ポーク・チキンから選べます。ご予約時に<連絡事項>欄に記入をお忘れなく!記入がなかった場合はメールでやり取りさせていただきますので、メールが届くような環境にしておいてください、ぜひご協力お願いいたします。返信が無い場合はこちらでランダムに決めさせていただきます

 

「 じゃがいもとズッキーニのアンチョビソテー 」は新献立です。今年初めてアンチョビを使った献立ですが、アンチョビは塩と魚とオイルしか使っていないとてもシンプルで旨味成分もたっぷり入った優秀な調味料です。魚の臭みを出さないように美味しく仕上げるコツを学びましょう。昨年から通われている方は復習になりますので思い出しておいてくださいね。

 

「 キャロットハムサラダ 」は新献立です。人参がメインのサラダと言えばキャロットラペを思い出す方もいらっしゃることでしょう。でもキャロットラペは生の人参を酢漬けする調理法なので、人参の独特の風味が強く残ります、もちろんそれがキャロットラペの特徴ですしそれが美味しいんですけどね。しかし今回はサラダですが人参を加熱してサラダに仕立てる方法で調理していきますので人参嫌いのお子様でもひょっとしたら食べやすいかもしれません。ロースハムも合わせて使ったさっぱりした風味の人参サラダはいかがですか。

「2024年7月の献立をお知らせします!」

7月前半

7/1(月)~7/15(月)は、海老のチリソース煮(干焼蝦仁) 茄子のザーサイそぼろ炒め キャベツと切干大根の中華サラダ の3点です。

 

今回は中華の3品となります。(2品が新献立です)

「 海老のチリソース煮(干焼蝦仁) 」は毎年夏の恒例レッスン「辛い系献立」の定番、スタンダードな「 エビチリ 」を家庭でまねできる調理方法でレッスンします。市販のエビチリの素なんか必要ありませんよ、案外家庭にある調味料でできちゃうんです。調理のコツを覚えるとともに、エビの殻むきや下処理方法をしっかり学びましょう。

 

「 茄子のザーサイそぼろ炒め 」は新献立です。搾菜(ザーサイ)を使った献立は今回が初めてになります。ザーサイは乳酸菌の豊富な中国の漬物です。スーパーではカットされたものや塊のままのものも売られているようですが、塩漬けなので塩抜きしてからの使用するものが多いようです。塩抜き済みで味付けされたものも売っていますので、それなら余計な手間は必要ありませんね。今回は教室である程度の塩抜きをしたものを使用してレッスンしますよ。

 

「 キャベツと切干大根の中華サラダ 」は新献立です。切干大根は和食や洋食にもいろいろ使用してきました。今回は中華のサラダに仕立てましたので、こんな使い方もあるよ、ということを理解できればレパートリーも増えますね。

7月後半

7/16(火)~7/31(水)は、豚肉の胡麻しゃぶサラダ仕立て ナスと鶏肉の炒め浸し 簡単卯の花 の3点です。

 

今回は和食の3品となります。(2022年に実施した3品です)

「 豚肉の胡麻しゃぶサラダ仕立て 」は、冷やししゃぶしゃぶの季節ですから、今回は豚肉を使って上手にしゃぶしゃぶする方法をレッスンします。

もちろん普通のしゃぶしゃぶの仕方なんか教えませんよ。これも教科書通りじゃありません。たれは特製のごまだれをつくりサラダ仕立てにしました。

 

「 ナスと鶏肉の炒め浸し 」この時季が旬のナスを使った炒め浸しは温かくても冷たく冷やしても美味しい1品に仕上げます。ナスの煮びたしは本来ナスを油で揚げますが、そんなこと面倒くさくて家庭ではやりたくないですよね。手軽にできる方法でレッスンします。茄子を使った献立は前回には中華の炒め物で登場しましたね。ナスは身体を冷ます効果があります、今が旬のナスをたくさん食べて暑さ対策しましょう^^!

 

「 簡単 卯の花 」は伝統的な和食の1品を手早く簡単に作れるようレッスンしていきます。卯の花という煮物を皆さんは知っていますか?食べたことありますか?伝統食は味付けこそ素朴ですが、栄養バランスにも優れた日本人の身体に合う優しい仕上がりになっているものです。家庭料理として廃れつつあるものを今一度残すために調理法を身につけていきませんか。

「2024年8月の献立をお知らせします!」

8月前半

8/1(木)~8/15(木)は、簡単バターチキンカレー風 鶏ささみとセロリのオリーブ和え コールスロー(ツナ入り) の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。(2021年に実施の3品です)

「 簡単 バターチキンカレー風 」 毎年夏にはカレーを2種類レッスンに取り入れています。一つは毎年レッスンしている日本人の好みにぴったり合ったルゥを作って調理する「 欧風カレー 」です。このレッスンは終了しましたね。今回もう一つの種類のカレーはバターチキンカレーをレッスンすることにしました。今は結構インド系のカレーが好き!という日本人も多くなってきましたよね。中でもバターチキンカレーはインド系カレーの中でも特に日本人には人気です。今回は「バターチキンカレー風」ということで日本の家庭料理向けに簡単にアレンジしたレシピをレッスンしていきます。

 

「 鶏ささみとセロリのオリーブ和え 」は、夏の暑いこの時期にこそ香りの強いセロリを身体に摂り入れることで、夏バテを防ぎ体の中から涼を取っていただきたいと思ってレッスンに加えました。セロリが嫌いな方にとっては残念なレシピかもしれませんねf^^;。でもセロリの香り成分アピインはイライラを鎮め精神を安定させる効果もあるので、暑さの中いろいろなものが不安定な方には向いている食材ですよf^^;。

 

「 コールスロー(ツナ入り) 」は、「コール」はキャベツのこと、「スロー」はサラダのことを意味しますので、コールスローサラダと言うと「キャベツサラダサラダ」になってしまうんですね。暑い季節ですし、カレーのお供としてはサラダは欲しいとこですよね。簡単ではありますが、切り物の量が多いので包丁使いの練習になります、手を切らないよう注意してレッスンしましょう。

8月後半

8/16(金)~8/31(土)は、お肉たっぷり麻婆豆腐(マーポォードォウフゥー)、鶏肉と小松菜の中華みそ炒め、ハムと野菜のピリ辛中華和えの3点です。

 

今回は中華の3品です。(2021年に実施の3品です)

「 お肉たっぷり麻婆豆腐(マーポォードォウフゥー) 」は、3年ぶりの復活です。エビチリと並んで中華の辛い料理の定番になりますが、今回はお肉感たっぷりの麻婆豆腐をレッスンしますよ。辛さを控えたい方は事前にご予約時の<連絡事項>欄にご記入ください。

 

「 鶏肉と小松菜の中華みそ炒め 」は、鶏のこま肉を使用したみそ味の炒め物です。当教室ではあまり味噌の味つけをレッスンで取り入れていないので、久しぶりになります。使う味噌はご家庭で使うみそ汁用の味噌でOKです。白いご飯のお供としても、そしてお弁当のおかずにもなる1品ですので覚えておいて損はありませんよ。

 

「 ハムと野菜のピリ辛中華和え 」は、夏場にぴったりな中華の和え物です。サラダ感覚でむしゃむしゃ食べれる和え物で、まだまだ暑い日が続きますので今回はピリ辛に仕上げました。

「2024年9月の献立をお知らせします!」

9月前半

9/1(日)~9/15(日)は、豚ロース肉の生姜焼き 粉ふき芋添え、ちくわ入りピリ辛炒り茄子、キャベツときゅうりと茗荷のシンプル和サラダ の3点です。

 

今回は和食の3品となります。(2品が新献立です)

「 豚ロース肉の生姜焼き 粉ふき芋添え 」は、毎年恒例の献立になります。生姜焼きもいろいろな生姜焼きがあります。お肉の種類が違ったり中に入る野菜が違ったり・・・。当教室でのレッスンでは豚ロース薄切り肉を使って生姜焼きを作っていきます。家庭料理の定番中の定番ですが、ちょっとリッチな気分になれるロース肉なので、おもてなしに提供しても決して恥ずかしくないはずですよ。ロース肉を使ったときは意外と肉が固くなってしまったりします、しっとり柔らかく調理できるコツを学んでください。付け合わせには小学校の家庭科でも習ったはずの粉ふき芋をレッスンします。

 

「 ちくわ入りピリ辛炒り茄子 」は、この時期美味しい茄子を使った1品。材料はナスとちくわだけなのにご飯がすすむおかずです。汁っぽくないのでもちろんお弁当のおかずにもおススメ。簡単なのでご自身のレパートリーにすぐにラインナップされるかもしれませんね。

 

「 キャベツときゅうりと茗荷のシンプル和サラダ 」は、まだまだ暑さの残るこの時期だからこその和風サラダ。材料はキャベツときゅうりとみょうがと大葉を使ってさっぱりむしゃむしゃ食べられるシンプルなサラダに仕立てました。みょうがのあの独特の香り成分は、リラックス効果や血行促進、食欲増進、眠気覚ましの効果があり夏バテ防止に効果的。大葉の香り成分も腸内環境の改善に役立ちますし、キャベツは<食べる薬>と言われるほど栄養価が高くビタミンCはずば抜けて豊富です。キャベツ独特のビタミンUは別名キャベジンと言われる整腸作用に抜群の効果を発揮します。ってことはこのサラダどんだけ夏バテ防止に良いんだよ!って話です。

9月後半

9/16(月)~9/30(月)は、ポークソテーオーロラソース仕立て、茄子とハムのオニオンマリネ、きゅうりとコーンのカッテージチーズサラダの3点です。

 

今回は洋食の3品です。(2品が新献立です)

「 ポークソテー オーロラソース仕立て 」は2022年に実施の献立です。豚ロース厚切り肉を使って固く仕上がらないように作るコツと洋食ではポピュラーなオーロラソースについてレッスンします。付け合わせにはこれからの寒くなる季節に旬を迎えるブロッコリーを使用しますので、ブロッコリーの使い方を学びましょう。以前当教室で使ったことある方は復習になりますね。

 

「 茄子とハムのオニオンマリネ 」は新献立です。この時期もまだまだ美味しい茄子の季節ですね。秋茄子は嫁に食わすな、とも言われるくらいです。嫁に食わすなんてもったいないほど美味しいという意味もありますし、茄子は身体を冷やす効果もあるので、赤子を宿すためにも嫁の身体をいたわる意味でそう伝承されたとも言われていますね。まぁなんにしろまだまだ暑いですし美味しい茄子を食べて夏バテ防止を心がけましょう!今回は洋風のマリネで冷たく冷やして召し上がる献立となります。

 

「 きゅうりとコーンのカッテージチーズサラダ 」は新献立です。久しぶりにコーン缶を使った1品になります。残暑厳しいこの時期はさっぱりしたサラダ系が欲しくなりますよね。さっぱりした味も良いのですが、今回はカッテージチーズを使ってサラダでありながらチーズのコクも加えた1品に仕上げました。軽く焼いたフランスパンにはさんでサンドイッチにしても美味しい1品です。

「2024年10月の献立をお知らせします!」

10月前半

10/1(火)~10/15(火)は、青椒肉絲(チンジャオロースー)、肉団子と春雨のピリ辛中華煮、ブロッコリーときのこの中華炒め の3点です。

 

今回は中華の3品です。(こちらは2023年にレッスンに取り入れた3品となります)

「 青椒肉絲(チンジャオロースー) 」青椒はピーマンのこと、肉絲は細切りした豚肉の事。牛肉ではありませんよ。これを家庭で簡単に作れる方法を学びます。今回はタケノコではなく、「じゃがいも」を使って作ります。茹でて売っている真空パックのタケノコには保存料が入っていますので独特のにおいがあります。それを取り除く手間を考えたら、じゃがいもで代用する方が簡単で安心して食べられますよね。青椒肉絲(チンジャオロースー)はタケノコを必ず使わないといけないわけではありません、必ず必要なのはピーマンと細切り豚肉ですので他に使用する材料はなんでもOKです。

 

「 肉団子と春雨のピリ辛中華煮 」は、斬新な肉団子の作り方をご紹介し、効率よく合理的な調理法と春雨の扱い方について学びます。何回かレッスンをされている方は以前に洋食で取り入れたミートボールの作り方と同じです、復習のつもりでレッスンしてみてください。

 

「 ブロッコリーときのこの中華炒め 」は、今が旬のブロッコリーの栄養をしっかり取るための工夫を学びましょう。

昨年から通っていらっしゃる方はブロッコリーの復習になりますよ、思い出しながら調理してくださいね。

10月後半

10/16(水)~10/31(木)は、鯖サバの味噌煮、鶏とナスの生姜醤油炒め、厚焼き玉子(小ねぎ入り)の3点です。

 

今回は和食の3品です。(こちらは新献立1品と2023年のレッスンに取り入れた2品です。)

「 鯖サバの味噌煮 」は、好評ですので毎年レッスンに取り入れています。味噌煮にするときサバの切り身をそのまま使用していますよね、そうすると骨が入ったままなのでとっても食べにくくて魚が嫌いになっちゃう方もいます。もちろん魚には骨が付いてるの当たり前なんだから自分で取り除きながら食べればいいんだ!という食育も大事だとは思いますが、できれば食べやすい方が良いですよね。ちょっと手間ですが、骨を抜いてから味噌煮にする方法で今年もレッスンしていきます。教科書通りの煮方ではありませんのでしっかり学んでくださいね。

あ、それからこの骨を抜く作業を「 面倒くさいから私は骨取らなくていいです。 」と言った生徒さんがいました。骨を取る作業をせずに煮ていただいても構いませんので、ご予約の際「 骨は取らずに煮ます 」とご記入ください。また、骨を教室側で抜いて準備してください、というご要望でも構いませんので<連絡事項>欄へご記入ください。

 

「 鶏とナスの生姜醤油炒め 」は、新献立です。今年のナスを使った献立はこれで最後になります。そして秋から冬にかけてこの教室では「生姜」を多めに使った献立が登場します。通われている方はご存じですね。生姜を積極的に食事に取り入れることで、免疫力を高め風邪や感染症の予防になるからですね。サバの味噌煮にも生姜が入りますが、この献立にも多めに入ります。ぜひ皆さんの食生活にも進んで取り入れましょう!

 

「 厚焼き玉子(小ねぎ入り) 」は、和食の定番の卵料理ですね。だし巻き玉子にするとダシがたくさん入るので巻くのも難しいですし、ダシという水分がたくさん入ることで傷みやすく、お弁当には不向きです。今回はお弁当にも使える厚焼き玉子を学びましょう。基本は甘い系の関東東北バージョンの厚焼き玉子を2本焼いてもらいますが、「甘いのは苦手」という西側地方で育った方は砂糖を抜いたバージョンで焼いてもらいますので、ご予約の時に<連絡事項>欄に「 厚焼き玉子は甘くないバージョンでお願いします。」とご記入ください。

今後の「スポット講習会」について

< 重要なお知らせです >

スポット講習会についてですが、この講習会は同時間帯に講師含め4~5人以上が同時にレッスンするスタイルになりますため、新型コロナ感染拡大防止の観点から、しばらくの間開催を見送らせていただくことといたしました。新型コロナ感染が収束する、またワクチンが開発されるなどが本格化した時点での再開となりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。