News、インフォメーション

< 新型コロナウィルス問題に関連してのお知らせ >

 

再び「 緊急事態宣言 」が発令されました。

ご予約のキャンセルが相次いでおり、また新規のご予約も激減していますことにより大変恐縮ではございますが、一部の野菜の無農薬、減農薬野菜使用ができなくなりましたのでお知らせいたします。

緊急事態宣言が解除され、予約状況が改善いたしましたら以前のように一部の野菜の有機品使用を再開したいと思います。ご理解、ご協力のほどお願い申し上げます。

ご予約の方は、ご自身の体調管理にご注意いただき、レッスン当日には同時間帯に他の生徒さんも入りますので、くれぐれも無理をしての参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。

またレッスン中講師はマスク着用させていただきます。2点につきまして引き続き、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

「2021年2月の献立をお知らせします!」

2月前半(1月~3月は正月休みや2月の日数の少なさのためにレッスン期間がいつもとは違ってズレます、ご注意ください。)

2/4(木)~2/17(水)は、終了しました。

 

2月後半(1月~3月は正月休みや2月の日数の少なさのためにレッスン期間がいつもとは違ってズレます、ご注意ください。)

2/18(木)~3/3(水)は、鶏とカシューナッツの中華炒め(腰果鶏丁ヤォグォジーディン)、春雨と厚揚げの辛味煮、大根とちくわの中華風照り煮、の3点です。

 

今回は中華の3品になります。

「 鶏とカシューナッツの中華炒め(腰果鶏丁ヤォグォジーディン) 」は中華の定番料理の一つですね。この料理は実はアメリカ発祥の中華料理って知っていましたか?まぁカシューナッツ入ってるとこがもうすでにアメリカナイズされてますので知ってる方は多いかもしれませんね。中国名では「腰果鶏丁」と表記しますが腰果がカシューナッツのことだそうです。発祥の地スプリングフィールドでは鶏を炒めるのではなく揚げて作っているようですが、教室では炒めるスタイルでレッスンしていきますよ。

 

「 春雨と厚揚げの辛味煮 」は久々に春雨を使った献立ですね。乾物の春雨の戻し方など学んでいきましょう。ピリ辛な味がご飯にもマッチする1品ですから丼ぶりにしちゃうのもアリかも。

 

「 大根とちくわの中華風照り煮 」は昨年もこんなに単純な調味料でも美味しいと言っていただいた献立の再登場です。昨年も2回味見をしてもらって違いを体験してもらったので、今回もそんなレッスンの仕方で学んでいきましょう![

「2021年3月の献立をお知らせします!」

3月前半(1月~3月は正月休みや2月の日数の少なさのためにレッスン期間がいつもとは違ってズレます、ご注意ください。)

3/4(木)~3/17(水)は、和風あんかけハンバーグ、豚肉とごぼうの柳川風、切干大根とさつま揚げの煮物 の3点です。

 

今回は和食の3品になります。

「 和風あんかけハンバーグ 」 ハンバーグは、中華系の献立と洋食系の献立でレッスンしてきましたが、和風の献立では取り上げていませんでした。そこで今回は和風のあんかけタイプのハンバーグでレッスンしていきます。当教室のハンバーグは卵もパン粉も使わないハンバーグですので、今回もつなぎを使わないタイプで学んでいきましょう。

 

「 豚肉とごぼうの柳川風 」は、柳川鍋と言えば、どぜう鍋ですが、さすがにドジョウは使えませんし第一結構嫌いな方も多いので、わりと家庭料理では定番で代用される豚肉を使っての柳川をレッスンしますよ。

 

「 切干大根とさつま揚げの煮物 」は、なんと今までかなりの切干大根料理をレッスンしてきましたが、オーソドックスな和風の甘い味の煮物は取り入れてきませんでした。ですので今回は The和食!の切干大根を使った煮物をレッスンします。コンビニやスーパーで買うお弁当にも端っこの方にプラカップに入って、時々プラカップからこぼれてあちこち吹っ飛んでるときもある、あの甘い煮物です。じつはかなり簡単に作れちゃいますので常備菜に覚えておいて損はありませんよ。

 

3月後半(1月~3月は正月休みや2月の日数の少なさのためにレッスン期間がいつもとは違ってズレます、ご注意ください。)

3/18(木)~3/31(水)は、豚肉のピカタ焼き エリンギピーマンソテー添え、海老とカリフラワーのガーリックソテー、小松菜と油揚げの洋風煮びたし の3点です。

 

今回は洋食の3品となります、昨年同時期に実施した献立3品の再レッスンです。

「 豚肉のピカタ焼き 」は古き良き時代のあこがれの洋食で、黄金焼きなどという表記をされる洋食の定番です。豚肉に卵をまとわせることで得られる効果を理解しながら作るのとそうでないのとでは出来上がりに差が出るかもしれませんよ。以前に韓国風の献立を取り入れた時にニラ焼きというのをレッスンしましたがそれを受けたことのある方は応用編になります、思い出しておきましょう。

 

「 海老とカリフラワーのガーリックソテー 」は以前にも献立に取り入れたカリフラワーを海老と一緒にソテーした一品。当教室では何度も扱っている花蕾植物の調理法を、今回も栄養分を効率よく体内に取り入れるためにレッスンしていきますよ。

 

「 小松菜と油揚げの洋風煮びたし 」は一見小松菜も油揚げも洋食には使わなそうな材料ですよね。でも今回は洋風の煮びたしに仕上げちゃいます。皆さんとレッスンを重ねるといつも思うのが、生徒さんって「こだわり」や「固定観念」が強すぎるなぁ~という事です。「こうじゃなきゃいけない」とか「料理本」とかに惑わされずに自由な発想で楽しむことが美味しく作るためには必要ですよ。だから平野レミさんぶっ飛んでますけどあの発想力とゴリ押し、とっても大好きです。家庭料理に決められた枠などありません。そういう積み重ねがたくさんあると、ありあわせの材料や冷蔵庫の残り物なんかで料理を作れるようになるんです。

「2021年4月の献立をお知らせします!」

4月前半

4/1(木)~4/15(木)は、回鍋肉ホイコーロー、厚揚げとエリンギの豆板醤炒め、肉焼売シウマイ の3点です。

 

今回は中華の3品となります、今回の3品も昨年実施した献立で人気の高いレッスンでしたのでぜひ今年の生徒さんたちにも学んでもらいたいと思い再レッスンの3品です。

「 回鍋肉ホイコーロー 」、こちらも中華の定番!白いご飯のお供には最高の1品ですよね。本格的には豚のかたまり肉を一度茹でて、茹で豚を作ってからそれを冷ました後に薄くスライスして調理に使っていくのが本来ですが、そんなこと家庭でやってるヒマ、皆さんあります?忙しい皆さんが手軽に、しかも本格的な味に近い形で調理できるように工夫した調理法を学んでいただきます。

 

「 厚揚げとエリンギの豆板醤炒め 」は豆板醤トウバンジャンをメインの調味料に使った1品。豆板醤の使い方や特徴などもお話しできればと思っています。「和」の食材厚揚げですが中華にもピッタリの食材ですので炒め物に使う時の注意点なども学んでいきましょう。昨年8月前半の献立でもレッスンに加えていますのでそれを受講した生徒さんは是非思い出しておいてくださいね。

 

「 肉焼売シウマイ 」シンプルな肉焼売ですが、けっこう面倒くさい感じで避けてますよね、蒸し器も出さなきゃなんないし、一個一個包まなきゃなんないし。もちろん一個一個包むのは避けて通れないのですけど、蒸し器は出すのやめちゃいましょうか。こんな感じでもOKなんですよ、ってところを学んでいただきます。昨年の生徒さんの中には、あまりに簡単だったのでウチの定番に何回も作っています!という方も何人もいらっしゃいましたよ^^。

 

4月後半

4/16(金)~4/30(金)は、筑前煮、鶏ささみと車麩のあっさり生姜煮、和風ひじきサラダ の3点です。

 

今回は和食の3品となります。

「 筑前煮 」は昨年もレッスンに取り入れた1品です。和食の代表的な煮物の一つで、福岡県北部の地域を昔は筑前という名称で表していてそこで生まれた料理なので筑前煮と言うようになりました。秀吉の時代は「がめ煮」とも呼ばれ、すっぽんと野菜とを煮た兵士たちの栄養食だったようでもあるようです。もちろん今回はすっぽんなどは使いません、てか高級すぎて使えません。鶏もも肉を使用しての「筑前煮」の作り方をレッスンします。

 

「 鶏ささみと車麩のあっさり生姜煮 」は、2月に洋食献立で使用した「車麩」を本来の和食の献立で使用した1品ですね。鶏ささみも煮物には使用しないイメージですが、こんな風に取り扱って煮物に仕上げます、っていうところを学んでほしいですね。煮汁まで飲み干したくなる1品をご家庭でもいかがですか?

 

「 和風ひじきサラダ 」は、昨年洋食の献立で「ひじきサラダ」をレッスンに取り入れましたが、ひじきといえば和風なイメージですので本来の和風なテイストに仕上げたひじきサラダになります。洋風をレッスンした方には違いを感じていただけるかと思いますよ。洋風をレッスンしていない方もひじきレシピのレパートリーとして欠かせない1品になること間違いなしです。「ひじき」は鉄分豊富な食材です。普段から積極的に食べることで感染症への抵抗力低下を防いだり、冷え性や更年期障害予防などにも役立ちます。

「2021年5月の献立をお知らせします!」

5月前半

5/1(土)~5/15(土)は、鯵アジのエスカベッシュ、ミートボールとマカロニのラグー、じゃがいもとロースハムのガラムマサラソテー の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。

「 鯵アジのエスカベッシュ 」は要するにアジの洋風マリネ、酢漬けみたいな感じですね。鯵はこれからが旬の魚になります。毎年この時期にアジを取り入れた1品をレッスンしていますが、昨年は和食の南蛮漬けでしたので今回は洋食に取り入れましたよ。また昨年同様に、基本的に三枚おろしまでは講師があらかじめ準備します、ただし中骨をとる作業は皆さんにやってもらいます。それはなぜかというと、スーパーなどに行ってアジを買ったときに「3枚おろしにしてください」と店員さんに頼めばだいたいは応じてくれます。でも、中骨を取る作業だけはしてくれないんです、なぜって面倒くさいからです。スーパーの店員さんはそこまでサービスする時間が無いんですね、仕方ありません。ただ中骨が残ってると出来上がって食べるときに口に刺さりとても嫌な感じになります。ですからスーパーでやってくれないことは自分でできると安心してアジにかぶりつくことができますよね、そのために中骨取は皆さんに実践してもらいますよ。

また、どうしても三枚おろしも自分でやりたい!という生徒さんについては、事前にご予約の時に「三枚おろしやりたいです」とご記入いただければ、頭と内臓の処理だけは講師が行っておきますが、三枚おろしにする作業はご自分で実践していただけます。ご希望があればご予約の際に<連絡事項>欄にご記入するのを忘れないようにしてください。注:繰り返しますが、頭と内臓だけは申し訳ありませんが衛生上の観点から講師が事前に処理いたしますので、その点はご理解ください。

 

「 ミートボールとマカロニのラグー 」ラグーとは煮込み料理を意味します。よくソースの一種としてラグーソースなどという言い方をする場合もありますが、基本的にはイタリアやフランスの煮込み料理全般をラグーといいます。今回は豚ひき肉を使ってミートボールをラグーの材料にしますが、ミートボールをちまちま丸めて作ると思います?それって時間ない時面倒くさいですよね。なので大胆な方法でミートボールにしちゃいましょう。もちろん時間のある時はお子さんなんかと一緒に、はたまた恋人同士でゆっくりボールを丸めても良いんですよ。でも時間ない時はこんなやり方もありますよってとこを学んでみてください^^。

 

「 じゃがいもとロースハムのガラムマサラソテー 」はガラムマサラというスパイスを利かせた1品。ガラムマサラはいろいろなスパイスを混ぜ合わせたミックススパイスで、配合の割合などもメーカーによって若干違いがあり風味が変わります。単独のスパイスをどれくらいどのように使ったら良いかわかりにくい場合はガラムマサラのようなミックススパイスってとても便利ですよ。今回のようにじゃがいも料理にもピッタリなガラムマサラを使って簡単な温サラダ風の1品をレッスンしましょう。

 

5月後半

5/16(日)~5/31(月)は、豚肉の黒胡椒炒め(黒椒肉片ヘイジャオローピェン)、鶏ささみとレタスの中華うま煮、春雨ともやしの中華サラダ の3点です。

 

今回は中華の3品となります。

「 豚肉の黒胡椒炒め(黒椒肉片ヘイジャオローピェン) 」は中華料理店では牛肉を使った黒こしょう炒めがポピュラーですが、今回は家庭でも作りやすいように豚ロース肉を使った1品にアレンジいたしました。台湾の中華料理として有名なのですが、もともとは赤坂璃宮オーナーシェフの譚彦彬(たんひこあき)氏により考案された日本発祥の料理が逆に輸出され今では台湾をはじめ中国などでも食される人気の一品となっています。

 

「 鶏ささみとレタスの中華うま煮 」は昨年もレッスンに取り入れた1品です。これからが美味しい季節のレタスを温かい料理に使います。サラダばかりではない使い方を学んでいきましょう。また鶏ささみのようなお肉はとかくバサバサになったり硬くなったりしがちです。そうならないためのヒントもぜひ学んでください。

 

「 春雨ともやしの中華サラダ 」は、今までレッスンの中で中華系のサラダをほとんど取り入れてこなかったんですよね、なのであらためて春雨を使ってサラダに仕上げます。春雨は乾物ですのでもちろん戻しますが、炒め物や煮物などに使うときの戻し方とサラダに使うときの戻し方ではちょっとだけ違いがあります。今回はサラダ用に使うときの戻し方を学びましょう。もやしのほかわかめやロースハム、きゅうりに玉ねぎなど具材の種類も豊富に使った中華サラダですよ。

今後の「スポット講習会」について

< 重要なお知らせです >

スポット講習会についてですが、この講習会は同時間帯に講師含め4~5人以上が同時にレッスンするスタイルになりますため、新型コロナ感染拡大防止の観点から、しばらくの間開催を見送らせていただくことといたしました。新型コロナ感染が収束する、またワクチンが開発されるなどが本格化した時点での再開となりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。