DISH UP cooking studio ディッシュアップクッキングスタジオ

ディッシュアップ料理教室
ディッシュアップ料理教室

 

DISH UP cooking studio ディッシュアップクッキングスタジオは、「あなたの都合で、楽しく、得する、家庭料理教室!!」を2019年4月スタートいたしました!初心者向け動画の配信も2020年9月よりスタートしました!(下記URLより)

当教室はデモンストレーションがない代わりに時間を短く、一人一人に説明しながらレッスンしていくスタイルですので講師が切りものを切っている姿を見ることはできません。それから、切るやり方が分からないと質問される方には説明して実践しますが、案外毎回レッスンに来る度に同じところで???となっている方が少なくない事に気が付きました。毎回同じところでつまづくという事は家庭でも同じところで???となっているに違いない!という事で出来るだけ早く調理の基本をマスターして余分なレッスン費用をかけずに卒業してクッキングライフを楽しんでもらいたい講師の願いも込めて今回「 動画配信 」という形で皆様の日々のレッスンのお手伝いをさせて頂くことにしました。料理教室に無駄なお金を払って通わなくても楽しめるように早く皆さんには料理の基本を習得してほしいと講師は願っています。

そんなことしたら生徒さん来なくなっちゃいますよ、という方もいるかもしれませんが、動画を観て作れる方ならもともと料理教室に通う必要はありませんし料理本を見れば充分でしょう。

「 動画配信 」はあくまでも補助的な活用になりますので、細部にわたり自分の疑問を解消したい方はある程度教室に通う方が近道だと思います。料理教室に通う事が必要か必要でないかはご自身で判断してお決めくだされば良いと思います。動画だけで充分と思った方はそれはそれで良いと思いますよ。

動画URL:

「 料理覚え帳 」

講師は、
「料理は、あなたがあなたの大切な誰かのために、想いを寄せて作れば必ず美味しくなる!」
という持論の元にレッスンを行い「お家(ウチ)ごはん」を推奨しています。


初心者の方、超初心者の方が通いやすい料理教室です。

ベテランの方もマンネリ化したご自身のレパートリーを増やす目的で通われています。

グループでワイワイ楽しくという教室ではありません。

そして、ちょっとだけ変わっている、今までに無かった料理教室です。


➀ 班やグループは作りません。

あなたがあなたの大切な人の為に料理してください。(個人指導型)

マンツーマン指導で入会金無料!

しかも税込 超初心者クラス4500円、一般クラス5500円 で通える料理教室は他にありません。

回数チケットをご利用になれば 超初心者クラスが4000円、一般クラスが5000円税込 で通えます!

(他の教室の受講料表示は税抜き表示がほとんどです、例えばグループレッスン4980円税抜きは税込で5478円です。お持ち帰りもなく2品しか作らない場合もありこれで4980円で皆さんは高いと思いませんか?当教室は2品なら4500円税込(差が978円)、回数チケットなら4000円税込(こちらだと差が1478円!)で3人前のお持ち帰り付きです。またマンツーマン指導型だと1万円以上/1回が当たり前のようになっています。)

(是非税込で他の教室と比べてみてください。)

② デモンストレーションはありません。(だから90分レッスンなのです。)

あなた一人一人に説明しながら調理スタートです。

③ 凝った料理は作りません。(一人で3人前を調理&持ち帰り。)

むしろ基本的な家庭ならではの献立を丁寧に覚えることを目指します。

一人で3人前を最初から最後までご自身で作ります!もちろんお持ち帰りも3人前!

(他の料理教室ではお持ち帰りの容器代を別途500円で購入するところもあるようですが、当教室では無料です。)

超初心者クラス(4500円)は2品をそれぞれ3人前、一般クラス(5500円)は3品をそれぞれ3人前づつ作っていただきます。

しかもこの価格なのに野菜は全て国産品で、減農薬、無農薬野菜を一部使用しています。(全てではありません。)

(是非レッスンで一人が作る料理の量と材料の質を他の教室と比べてみてください。)

(切る材料の量が多いから包丁に慣れること自体早くなりやすいのです。)

④ 決められた時間以内なら好きな時間にお越しください。

レッスンスタートは、<フレキシブル(柔軟)スタート>なので、決められた2時間以内で自由に来てOK!スタートした時刻から90分間のレッスンになります。

だから残業があっても通えるんです!

(他の教室では初心者クラスが月にこの日とこの日などのように決められている場合が多いのでわざわざ予定を教室に合わせなければ行けません。ディッシュアップ料理教室は初心者クラス(2品)だろうが、一般クラス(3品)だろうが、体験レッスンだろうが、毎日どの日どの時間帯に予約してもOK!だから自分の予定を優先できるんです! )

⑤ 試食タイムはありません。(これも90分レッスンの理由です。)

いち早くあなたの大切な誰かの元に届けて、ぜひ一緒に召し上がってください!その時が試食タイム。会話という魔法のスパイスでさらに美味しさアップ間違いなし!

手慣れた方々は90分掛からずに終了することもしばしばあります、皆さん早く帰りたいので終わったらすぐに帰宅、他の方を待つ必要がないのが個人指導型の良いところです。

(試食して終わりじゃ切なくないですか、せっかく学びながら作ったのだから家族やお友達にも食べてもらいたいですよね。それに時間気にしながら、他の人に気を使いながら食べるより、家に帰ってからゆっくり味わえて良かったと言ってくれた生徒さんの意見もありました。)

⑥ また、こんな動機で始める方でもウエルカム!

家に帰って夕飯の支度するくらいなら帰り道だし教室で学びながら作っちゃえ!
買い物しなくて良いし、家の調味料も減らないし、家のガス代も電気代もかからないし、美味しく作れて楽しく学べるなんて一石二鳥!

⑦ 月の前半と後半に分けた献立の構成になっています。

毎週通いたい方は同じ献立になってしまうと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
例えば、毎週一回通いたい方は同じ献立ではなく、過去のレッスン献立から「これを学びたい」と思う献立を事前にピックアップして頂ければそちらを学ぶことも可能です。また選ぶのが面倒な場合は、お任せいただければ個々の力量にあった献立をこちらでピックアップすることも可能です。(材料の調達などが通常レッスンとは異なりますので、ご相談は必ず5日以上前にお知らせください。また、レギュラーレッスンでは一部無農薬や減農薬などの材料を使用していますが、特別献立の場合はそれだけのために無農薬品などを揃えるのは困難であることはご理解ください。)
また、レッスンはある程度説明も兼ねてお手伝いする形で進みます。2週続けて同じ献立にして、2週目は最初から最後まで一人で作ってみる、という練習の場にするのも一つのスキルアップ方法でもありますので、ご自身の成長度合いを感じながらお決めになってみてください。

⑧ 入会金無し、「 体験レッスン(60分2品) 」もお得に試せる3000円税込!(税抜きでは2727円です!)

上達度は講師が個々に判断して進めます、なので続きのあるレッスンではなく単発レッスンになります。
皆さんが始めやすくするために、そして何より体験レッスンのために皆さんの大切な時間を割いて頂いたのに、レッスンが自分には向いていないと感じた時、「損をしたな」と思ってもらいたくないので、入会金は無料!

(入会金を取っている教室は、2ヶ月3ヶ月教室に通っていないと一度退会したとみなされ、もう一度通う場合はさらに入会金の支払いを求められるのが普通です。)

体験レッスン料金はお得に試せる3000円(税込)にしています。
是非利用して、とりあえず雰囲気を味わってみてください。

News、インフォメーション

< 新型コロナウィルス問題に関連してのお知らせ >

 

ご予約の方は、ご自身の体調管理にご注意いただき、レッスン当日には同時間帯に他の生徒さんも入りますので、くれぐれも無理をしての参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。

またレッスン中講師はマスク着用させていただきます。2点につきまして引き続き、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

「2022年1月の献立をお知らせします!」

1月前半(1月はレッスン期間がいつもと異なります。前半は1/7㈮~1/20㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

1/7(金)~1/20(木)は、終了しました。

1月後半(1月はレッスン期間がいつもと異なります。後半は1/21㈮~2/3㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

1/21(金)~2/3(木)は、鰤(ぶり)大根 針ねぎ生姜添え、鶏もも肉と里芋の生姜煮、さつま揚げと小松菜ともやしのごま和え の3点です。

 

今回は和食の3品です。

「 鰤(ぶり)大根 針ねぎ生姜添え 」は、この時期美味しいブリの定番料理といえばブリ大根ですよね。昨年も実施して大変好評だった献立です。毎年好評なのに今年はやりませんでは、今年の生徒さんたちが残念な思いをしますので2022年も実施します。時間の関係上、大根は教室の方で下煮をしておきますが、ブリの下処理は皆さんにやってもらいます。大好きな彼の胃袋つかむために頑張るぞ!という方はチャレンジしてみてください。煮魚ですからサバの味噌煮をレッスンされた方は応用になりますので、今一度思い出しておきましょう。今年も薬味の針ねぎ生姜ももちろんあります。

 

「 鶏と里芋の生姜煮 」は、これまた生姜をたっぷり目に使った新献立。そして今が旬の里芋をレッスンに取り入れますので、里芋の扱い方をしっかり学びましょう。材料は鶏もも肉、里芋、しいたけととてもシンプル。シンプルで簡単な煮物ですから初心者の方にぴったりですね。ただし、里芋の扱いはヌルヌルしていますので大変注意が必要ですよ。

 

「 さつま揚げと小松菜ともやしのごま和え 」は、今までレッスンの中にごま和えを取り入れていなかったので初のレッスン献立になります。野菜たっぷりでむしゃむしゃ食べる感じのごま和えをレッスンしましょう。少しだけ切干大根も入れます、切干大根には重要な役割がありますのでそのこともしっかり理解できると良いですね。

「2022年2月の献立をお知らせします!」

2月前半(2月はレッスン期間がいつもと異なります。前半は2/4㈮~2/17㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

2/4(金)~2/17(木)は、クリームシチュー(チキン又はポーク)、ジャーマンポテト、大根とグリルエリンギのハムサラダ(ピクルス入り) の3点です。

 

今回は洋食の3品です。

「 クリームシチュー 」は人気の献立でしたが、昨年は実施しませんでしたので再登場です。ルゥを作って仕上げる少しだけ技術の必要なシチューですが、定期的に通っている生徒さんは欧風カレーの時のルゥ作りを覚えていれば、その時よりは短時間で作れるので、ルゥ作りの応用編として学んでください。生クリームなど小洒落たものは使いません、だってそんなもの使ったって余った生クリーム結局使わないで捨てちゃうことになるでしょ、そんなモッタイナイことはしてほしくありませんから・・・、牛乳だけで充分です。食べた生徒さんが「 これ牛乳だけで作ったとは思えない 」とびっくりした方もいらっしゃいます。

お肉はポークかチキンかを選択できます、ご予約時にどちらにするか<連絡事項>欄にご記入ください。記入が無い場合はこちらでランダムに決めさせていただきます。

 

「 ジャーマンポテト 」はもともとはドイツ料理のシュペックカルトッフェルン(ベーコンとジャガイモ)、ブラートカルトッフェルン(焼きじゃがいも)という料理が基本となり、日本流にアレンジされた献立のようですね。ドイツではいろいろなハーブやスパイスも使用されることが多いようですが、今回は日本人が食べやすいスタイルで簡単に作れる方法でレッスンに取り入れていきたいと思います。

 

「 大根とグリルエリンギのハムサラダ(ピクルス入り) 」はこの時期が旬の大根をグリルしたエリンギと一緒にサラダに仕立てて作っていく方法をレッスンします。ドレッシングには刻んだピクルスを混ぜますが、ピクルスが苦手な方は入れないようにしますので、ご予約時に<連絡事項>欄に、ピクルス無しでお願いします、とご記入ください。

2月後半(2月はレッスン期間がいつもと異なります。後半は2/18㈮~3/3㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

2/18(金)~3/3(木)は、鶏とカシューナッツの中華炒め(腰果鶏丁ヤォグォジーディン)、春雨と厚揚げの辛味煮、大根とちくわの中華風照り煮 の3点です。

 

今回は中華の3品になります。(こちらの3品は2021年に実施した3品となります、緊急事態宣言のために受講できなかった方がたくさんいらっしゃいましたので再レッスンです)

「 鶏とカシューナッツの中華炒め(腰果鶏丁ヤォグォジーディン) 」は中華の定番料理の一つですね。この料理は実はアメリカ発祥の中華料理って知っていましたか?まぁカシューナッツ入ってるとこがもうすでにアメリカナイズされてますので知ってる方は多いかもしれませんね。中国名では「腰果鶏丁」と表記しますが腰果がカシューナッツのことだそうです。発祥の地スプリングフィールドでは鶏を炒めるのではなく揚げて作っているようですが、教室では炒めるスタイルでレッスンしていきますよ。

 

「 春雨と厚揚げの辛味煮 」は久々に春雨を使った献立ですね。乾物の春雨の戻し方など学んでいきましょう。ピリ辛な味がご飯にもマッチする1品ですから丼ぶりにしちゃうのもアリかも。

 

「 大根とちくわの中華風照り煮 」は昨年もこんなに単純な調味料でも美味しいと言っていただいた献立の再登場です。昨年も2回味見をしてもらって違いを体験してもらったので、今回もそんなレッスンの仕方で学んでいきましょう!

「2022年3月の献立をお知らせします!」

3月前半(3月はレッスン期間がいつもと異なります。前半は3/4㈮~3/17㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

3/4(金)~3/17(木)は、鶏肉と手綱こんにゃくのくわ焼き、人参と玉ねぎの肉みそ和え、大根ときゅうりの塩わさびサラダ の3点です。

 

今回は和食の3品になります。

「 鶏肉と手綱こんにゃくのくわ焼き 」は、当教室では初めてこんにゃくを使用した献立となります。そのこんにゃくを手綱(たづな)の形にして、鶏肉と一緒に「くわ焼き」という調理法で作る一品となります。「くわ焼き」とはなじみのない調理法かとも思いますが、お肉を表立って食べられない昔の時代に、納屋に隠れて農機具の鍬(くわ)の上で肉を焼いて食べていたという説から名づけられた調理法で、肉を甘辛く炒め焼きする調理のことを言います。したがって濃い目の味の白いご飯に合うおかずな一品ということになりますね。甘辛いので照り焼きに似た味のお料理です。

 

「 人参と玉ねぎの肉みそ和え 」は、大量に作り置きしておくと何かと重宝な肉みそと、それを人参と、これから春夏に出回る玉ねぎと一緒に和え物にした一品です。人参玉ねぎの量を多くすれば副菜の和え物になりますし、肉みそたっぷりで和えれば、ご飯に合うおかずの主役ともなりえるお料理というわけですね。

 

「 大根ときゅうりの塩わさびサラダ 」は、わさびを使った第2弾の一品で、しかもサラダに仕立ててみました。わさびを使ったサラダなんて、まるでデパ地下のお総菜売り場にでも売っていそうな1品ですよね。火を使わない簡単料理ですし、材料の大根ときゅうりなどをたくさん切りますので、包丁使いに慣れていない初心者の方にはおススメです。

3月後半(3月はレッスン期間がいつもと異なります。後半は3/18㈮~3/31㈭ですのでお間違えなくご予約ください。)

3/18(金)~3/31(木)は、ポークソテー オーロラソース仕立て、鶏ささみとセロリのひじきサラダ、切干大根としし唐のベーコンソテー の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。(こちらは2020年に実施した献立で昨年は取り入れなかったので2年ぶりの復活です。)

「 ポークソテー オーロラソース仕立て 」は豚ロース厚切り肉を使って固く仕上がらないように作るコツと洋食ではポピュラーなオーロラソースについてレッスンします。付け合わせには久しぶりにブロッコリーを使用しますので、ブロッコリーの使い方を学びましょう。以前当教室で使ったことある方は復習になりますね。

 

「 鶏ささみとセロリのひじきサラダ 」はまたまた洋食で「和」の食材ひじきを使って今度はサラダにしてみました。今までにも何回もひじきの使い方レッスンしている方も今度はサラダに使いますのでさらにレパートリーが増えますね。鶏のささみは以前のレッスンでもやりましたが、ささみ単独でソテーする焼き方、注意点覚えていますか?ささみの扱いが初めての方は是非バサバサに固くならない火の通し方をしっかり学んでください。

 

「 切干大根としし唐のベーコンソテー 」は切干大根もひじき同様「和」のイメージが強いですが、しし唐と合わせての洋風な使い方をレッスンします。簡単な1品ですので初心者向きですね。

「2022年4月の献立をお知らせします!」

4月前半

4/1(金)~4/15(金)は、春キャベツの中華甘酢仕立てハンバーグ、豚ニラ炒め、春キャベツとハムのピリ辛中華サラダ の3点です。

 

今回は中華の3品になります。

「 春キャベツの中華甘酢仕立てハンバーグ 」は、この教室がスタートした2019年4月に登場した献立です。ハンバーグは年に2回ほどレッスンに取り入れていますが、その時々で洋食だったり和食だったりと味や材料を変えています。中華のハンバーグをこの2019年以来取り入れていなかったので今回リニューアルして復活させました。春キャベツをお肉と同量に近いくらい使用した、お腹いっぱい食べてもとてもヘルシーなハンバーグになります。またいつも通り一般的な「つなぎ」を使わないタイプでレッスンしていきますので、いままでにハンバーグをレッスンした方は復習しておいてくださいね。初めての方はしっかり覚えておくとご自身のキッチンライフに役立ちますよ。

 

「 豚ニラ炒め 」は、2020年に登場した献立ですが、感染症真っただ中の時だったので、レッスンできない方がたくさんいらっしゃいました。そのために復活させました。「レバニラ炒め」というのは聞いたことがあると思います。でも案外レバー嫌いな方も多いので、豚肉を使って、これからが旬の「ニラ」を美味しくたっぷり炒め物で食べてもらいたいと思い考案した献立です。ニラには血液をサラサラにする効果やお肌のハリつやを保つ効果がある野菜です。豚肉と合わせることで疲労回復などの効果がさらに増したりもしますので、覚えておかない手はないですよね。

 

「 春キャベツとハムのピリ辛中華サラダ 」は新献立です、ハンバーグにも使用した春キャベツを中華風のサラダにも使っちゃいましょう。キャベツって案外買っても余らせてしまいますよね。今回の2品を覚えておけば、春キャベツなら1/2ケ分、冬キャベツなら1/4ケ分は消費できるようになります。今回は時季ということもあり春キャベツを使用していますが、もちろん冬キャベツで作ったって美味しく食べられますから覚えておいて損はないと思いますよ。

4月後半

4/16(土)~4/30(土)は、筑前煮、厚揚げとしめじのそぼろ煮、ツナときゅうりの土佐酢和え の3点です。

 

今回は和食の3品となります。(2020年4月にレッスンに取り入れた3品をそのまま再レッスンです)

「 筑前煮 」は和食の代表的な煮物の一つで、福岡県北部の地域を昔は筑前という名称で表していてそこで生まれた料理なので筑前煮と言うようになりました。秀吉の時代は「がめ煮」とも呼ばれ、すっぽんと野菜とを煮た兵士たちの栄養食だったようでもあるとのことです。もちろん今回はすっぽんなどは使いません、てか高級すぎて使えません。鶏もも肉を使用しての「筑前煮」の作り方をレッスンします。

 

「 厚揚げとしめじのそぼろ煮 」は豚のひき肉を使ったシンプルな材料で作るそぼろ煮、煮汁にはとろみを付けて白いご飯のおかずに最適な1品になります。とろみを上手につけるコツを学びましょう。定期的に通っている方はもうとろみのつけ方上手くなりましたよね。

 

「 ツナときゅうりの土佐酢和え 」は土佐酢和えってどうすんの?ってところを学びましょう。いろいろ正式なというか本来の作り方はありますが、時間も手間もかかるので家庭料理には不向きです、簡単に作れる方法をレッスンしますよ。酢の物を家庭の食事に1品加えることはとても良い効果を生み出します。例えば基礎代謝がアップし、疲労回復や自然治癒力のアップも期待できるほか、善玉菌を増やし腸内環境を整えたり、美肌にも効果があると言われています。毎食に酢の物1品、意識的にプラスすると家族の笑顔が増えるかもしれませんね。

「2022年5月の献立をお知らせします!」

5月前半

5/1(日)~5/15(日)は、鶏とエリンギのソテープロバンス風、ミートボールと彩り野菜のバターソテー、切干大根とハムのオリーブサラダ の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。

「 鶏とエリンギのソテープロバンス風 」は、よくレストランメニューで見かけるプロバンス風とは何ぞやということを中心に、鶏のもも肉を使ったフレンチをレッスンに取り入れました。レッスンを終えて帰宅するときは是非お気に入りのパン屋さんで、美味しいバケットを買い求めることをおススメします。

 

「 ミートボールと彩り野菜のバターソテー 」は、以前にもレッスンに取り入れましたが、忙しくて時間の無い時にミートボール料理を作りたいときはこんな風にしてみるのも一つの方法ですよ、っという作り方を学んでいきます。献立自体は新献立ですが、以前にミートボールをレッスンしたことある方にとっては応用編という形になりますね。これからが旬のいんげんやパプリカを使ってカラフルに仕上げますよ。

 

「 切干大根とハムのオリーブサラダ 」は、2019年に同じようなサラダをレッスンに取り入れましたが、今回は調理法が全く違いますので新献立となります。切干大根は「和」のイメージがする食材ですが、こんな形で利用するととても美味しい洋風のサラダに仕上がりますよっという所を学んでいただければと思います。

今後の「スポット講習会」について

< 重要なお知らせです >

スポット講習会についてですが、この講習会は同時間帯に講師含め4~5人以上が同時にレッスンするスタイルになりますため、新型コロナ感染拡大防止の観点から、しばらくの間開催を見送らせていただくことといたしました。新型コロナ感染が収束する、またワクチンが開発されるなどが本格化した時点での再開となりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。