DISH UP cooking studio ディッシュアップクッキングスタジオ

ディッシュアップ料理教室
ディッシュアップ料理教室

 

DISH UP cooking studio ディッシュアップクッキングスタジオは、「あなたの都合で、楽しく、得する、家庭料理教室!!」を2019年4月スタートいたしました!初心者向け動画の配信も2020年9月よりスタートしました!(下記URLより)

当教室はデモンストレーションがない代わりに時間を短く、一人一人に説明しながらレッスンしていくスタイルですので講師が切りものを切っている姿を見ることはできません。それから、切るやり方が分からないと質問される方には説明して実践しますが、案外毎回レッスンに来る度に同じところで???となっている方が少なくない事に気が付きました。毎回同じところでつまづくという事は家庭でも同じところで???となっているに違いない!という事で出来るだけ早く調理の基本をマスターして余分なレッスン費用をかけずに卒業してクッキングライフを楽しんでもらいたい講師の願いも込めて今回「 動画配信 」という形で皆様の日々のレッスンのお手伝いをさせて頂くことにしました。料理教室に無駄なお金を払って通わなくても楽しめるように早く皆さんには料理の基本を習得してほしいと講師は願っています。

そんなことしたら生徒さん来なくなっちゃいますよ、という方もいるかもしれませんが、動画を観て作れる方ならもともと料理教室に通う必要はありませんし料理本を見れば充分でしょう。

「 動画配信 」はあくまでも補助的な活用になりますので、細部にわたり自分の疑問を解消したい方はある程度教室に通う方が近道だと思います。料理教室に通う事が必要か必要でないかはご自身で判断してお決めくだされば良いと思います。動画だけで充分と思った方はそれはそれで良いと思いますよ。

動画URL:

「 料理覚え帳 」動画リンク ここをポチっとしてね

講師は、
「料理は、あなたがあなたの大切な誰かのために、想いを寄せて作れば必ず美味しくなる!」
という持論の元にレッスンを行い「お家(ウチ)ごはん」を推奨しています。


初心者の方、超初心者の方が通いやすい料理教室です。

ベテランの方もマンネリ化したご自身のレパートリーを増やす目的で通われています。

グループでワイワイ楽しくという教室ではありません。

そして、ちょっとだけ変わっている、今までに無かった料理教室です。


➀ 班やグループは作りません。

あなたがあなたの大切な人の為に料理してください。(個人指導型)

マンツーマン指導で入会金無料!

しかも税込 超初心者クラス4500円、一般クラス5500円 で通える料理教室は他にありません。

回数チケットをご利用になれば 超初心者クラスが4000円、一般クラスが5000円税込 で通えます!

(他の教室の受講料表示は税抜き表示がほとんどです、例えばグループレッスン4980円税抜きは税込で5478円です。お持ち帰りもなく2品しか作らない場合もありこれで4980円で皆さんは高いと思いませんか?当教室は2品なら4500円税込(差が978円)、回数チケットなら4000円税込(こちらだと差が1478円!)で3人前のお持ち帰り付きです。またマンツーマン指導型だと1万円以上/1回が当たり前のようになっています。)

(是非税込で他の教室と比べてみてください。)

② デモンストレーションはありません。(だから90分レッスンなのです。)

あなた一人一人に説明しながら調理スタートです。

③ 凝った料理は作りません。(一人で3人前を調理&持ち帰り。)

むしろ基本的な家庭ならではの献立を丁寧に覚えることを目指します。

一人で3人前を最初から最後までご自身で作ります!もちろんお持ち帰りも3人前!

(他の料理教室ではお持ち帰りの容器代を別途500円で購入するところもあるようですが、当教室では無料です。)

超初心者クラス(4500円)は2品をそれぞれ3人前、一般クラス(5500円)は3品をそれぞれ3人前づつ作っていただきます。

しかもこの価格なのに野菜は全て国産品で、減農薬、無農薬野菜を一部使用しています。(全てではありません。)

(是非レッスンで一人が作る料理の量と材料の質を他の教室と比べてみてください。)

(切る材料の量が多いから包丁に慣れること自体早くなりやすいのです。)

④ 決められた時間以内なら好きな時間にお越しください。

レッスンスタートは、<フレキシブル(柔軟)スタート>なので、決められた2時間以内で自由に来てOK!スタートした時刻から90分間のレッスンになります。

だから残業があっても通えるんです!

(他の教室では初心者クラスが月にこの日とこの日などのように決められている場合が多いのでわざわざ予定を教室に合わせなければ行けません。ディッシュアップ料理教室は初心者クラス(2品)だろうが、一般クラス(3品)だろうが、体験レッスンだろうが、毎日どの日どの時間帯に予約してもOK!だから自分の予定を優先できるんです! )ご予約は早い者勝ちですので、お早めに!

⑤ 試食タイムはありません。(これも90分レッスンの理由です。)

いち早くあなたの大切な誰かの元に届けて、ぜひ一緒に召し上がってください!その時が試食タイム。会話という魔法のスパイスでさらに美味しさアップ間違いなし!

手慣れた方々は90分掛からずに終了することもしばしばあります、皆さん早く帰りたいので終わったらすぐに帰宅、他の方を待つ必要がないのが個人指導型の良いところです。

(試食して終わりじゃ切なくないですか、せっかく学びながら作ったのだから家族やお友達にも食べてもらいたいですよね。それに時間気にしながら、他の人に気を使いながら食べるより、家に帰ってからゆっくり味わえて良かったと言ってくれた生徒さんの意見もありました。)

⑥ また、こんな動機で始める方でもウエルカム!

家に帰って夕飯の支度するくらいなら帰り道だし教室で学びながら作っちゃえ!
買い物しなくて良いし、家の調味料も減らないし、家のガス代も電気代もかからないし、美味しく作れて楽しく学べるなんて一石二鳥!

⑦ 月の前半と後半に分けた献立の構成になっています。

毎週通いたい方は同じ献立になってしまうと思うかもしれませんが、必ずしもそうではありません。
例えば、毎週一回通いたい方は同じ献立ではなく、過去のレッスン献立から「これを学びたい」と思う献立を事前にピックアップして頂ければそちらを学ぶことも可能です。また選ぶのが面倒な場合は、お任せいただければ個々の力量にあった献立をこちらでピックアップすることも可能です。(材料の調達などが通常レッスンとは異なりますので、ご相談は必ず5日以上前にお知らせください。また、レギュラーレッスンでは一部無農薬や減農薬などの材料を使用していますが、特別献立の場合はそれだけのために無農薬品などを揃えるのは困難であることはご理解ください。)
また、レッスンはある程度説明も兼ねてお手伝いする形で進みます。2週続けて同じ献立にして、2週目は最初から最後まで一人で作ってみる、という練習の場にするのも一つのスキルアップ方法でもありますので、ご自身の成長度合いを感じながらお決めになってみてください。

⑧ 入会金無し、「 体験レッスン(60分2品) 」もお得に試せる3500円税込!(税抜きでは3182円です!)

体験レッスン3500円税込(税抜き3182円)となります。

上達度は講師が個々に判断して進めます、なので続きのあるレッスンではなく単発レッスンになります。
皆さんが始めやすくするために、そして何より体験レッスンのために皆さんの大切な時間を割いて頂いたのに、レッスンが自分には向いていないと感じた時、「損をしたな」と思ってもらいたくないので、入会金は無料!

(入会金を取っている教室は、2ヶ月3ヶ月教室に通っていないと一度退会したとみなされ、もう一度通う場合はさらに入会金の支払いを求められるのが普通です。)是非利用して、とりあえず雰囲気を味わってみてください。

News、インフォメーション

< 新型コロナウィルス問題に関連してのお知らせ >

 

ご予約の方は、ご自身の体調管理にご注意いただき、レッスン当日には同時間帯に他の生徒さんも入りますので、くれぐれも無理をしての参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。

またレッスン中講師はマスク着用させていただきます。2点につきまして引き続き、何卒ご理解いただきたくお願い申し上げます。

「2022年8月の献立をお知らせします!」

8月前半

8/1(月)~8/15(月)は、チキンの簡単トマトカレー 海老とじゃがいものアンチョビソテー 大根とセロリのコロコロコーンサラダ の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。

「 チキンの簡単トマトカレー 」は、毎年この暑い夏にはカレー献立を2種類レッスンしています。前回の欧風カレーは、日本人の大好きな定番のカレーですので毎年恒例ですが、2種類目のカレーはインド風なというかアジアンなカレーをレッスンに取り入れています。簡単トマトカレーは実は2019年の教室スタート時に一度レッスンに加えていましたが、今回はさらに改良版のリニューアル献立としての登場ですので「新献立」となりますよ!トマトの酸味の効いた酸っぱ辛いカレーでこの酷暑を乗り切りましょう!!(野菜は角切りをレッスンします)

 

「 海老とじゃがいものアンチョビソテー 」は、アンチョビという調味料の使い方を学ぶ献立です。この献立も野菜は角切りにしますので角切りをしっかりマスターしましょう、っというか四角く切るだけですけどねf^^;。

 

「 大根とセロリのコロコロコーンサラダ 」は、これまた野菜をコーンサイズの角切りにした野菜をサラダに仕立てていきます。今回の3品はすべて角切り野菜を使用しますので、皆さんも角切りマイスターになること間違いなしです!まぁ、特に何の得にもならないですけどね・・・。ちなみにコーンを使用した献立は教室スタートしてから初めてとなります。

8月後半

8/16(火)~8/31(水)は、 麻婆春雨(マーボー春雨)、鶏むね肉とピーマンの辛味塩炒め、ハムともやしの中華風ひじきサラダ の3点です。

 

今回は中華の3品です。

「 麻婆春雨(マーボー春雨) 」は、毎年恒例の麻婆シリーズですが、麻婆ナス、麻婆豆腐、に引き続き初登場のマーボー春雨をレッスンしたいと思います。今までの麻婆シリーズの中では、より簡単なレベルの1品になりますので、時間の無い時などの普段の家庭料理としては、覚えておいて損はないかと思いますよ。

 

「 鶏むね肉とピーマンの辛味塩炒め 」はちょっと前にレッスンに取り入れた鶏むね肉の扱いについて復習です。初めての方はこの回で理解できると良いですね。麻婆の方は辛みに豆板醤を使用しますが、こちらの辛味には輪とうがらしを使用します。酷暑の夏を辛味で乗り切りましょう!

 

「 ハムともやしの中華風ひじきサラダ 」は、今までひじきサラダは「和風」のものと「洋風」のものとレッスンに取り入れました。今回は初めての中華アレンジとなっていますので、いままで「和風」「洋風」を学んだ方は、これで3種類マスターしたことになりますね。違いを理解すると他の料理のアレンジにも役立つと思います。初めての方は、ひじきって和食にしか使わないと思っていたのではないでしょうか、和食の食材でもアレンジ次第で洋食にも中華にも変化しますので、こんな使い方もあるんだなぁ、ということが分かっていただけるかと思います。

「2022年9月の献立をお知らせします!」

9月前半

9/1(木)~9/15(木)は、豚ロース肉の生姜焼き 粉ふき芋添え、ナスと厚揚げの甘辛生姜炒め、キャベツときのことハムの和風サラダ の3点です。

 

今回は和食の3品となります。

「 豚ロース肉の生姜焼き 粉ふき芋添え 」は、毎年恒例の献立になりますね。生姜焼きもいろいろな生姜焼きがあります。お肉の種類が違ったり中に入る野菜が違ったり・・・。当教室でのレッスンでは豚ロース薄切り肉を使って生姜焼きを作っていきます。家庭料理の定番中の定番ですが、ちょっとリッチな気分になれるロース肉なので、おもてなしとして提供しても決して恥ずかしくないはずです。

「豚バラで作るのはできるんだけど、ロース肉使うと固くなっちゃうのよ~」という方も多いのでレッスンする価値はあると思いますよ。

付け合わせには小学校の家庭科でも習ったはずの粉ふき芋をレッスンします。小学校時代の家庭科の思い出はありますか?男子は家庭科に興味ないから忘れているでしょうね、女性の皆さんは是非思い出してみてください。「 私が○○君のじゃがいもを剥いてあげようと思ったのに、○○子に奪われたんだわ、そう!今思い出した!私の○○君だったのに~~~、キィィィー!許せない!」ってなことになりませんように・・・・。

 

「 茄子と厚揚げの甘辛生姜炒め 」は、ナスと厚揚げの扱いを学びましょう。まだまだ暑さの残る季節ですから豆腐と同じ厚揚げを使ったお惣菜は傷みが気になります。またナスは油をたくさん使う必要があるイメージがあります。両者の不都合な点を解消するための内容をレッスンに取り入れていきます。甘辛味なのでご飯のおかずになる1品ですよ。それと、当教室に通っている方はお分かりかと思いますが、9月のこの秋くらいの時期からは当教室では、生姜を多めに使用した献立がチラホラ出てきます。今回はこの献立と生姜焼きで生姜を使用しますよ。

 

「 キャベツときのことハムの和風サラダ 」は、秋の味覚きのこを使った和風サラダを学びましょう。きのこを使った和風のサラダは今回が初めての献立になります。まだまだ暑いですからさっぱりしたサラダを作って残暑を乗り切りましょう。

9月後半

9/16(金)~9/30(金)は、アジアンスパイシー煮込みハンバーグ、鶏ときのこのレモンソテー、かぼちゃとブロッコリーのグリルサラダ の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。

「 アジアンスパイシー煮込みハンバーグ 」は、年に2回実施しているハンバーグレシピの今年2回目のハンバーグになりますね。春には中華風のハンバーグを実施しました。今回は初登場のアジアン風なテイストのハンバーグに仕上げてみました。甘(あま)辛(から)酸っぱい感じのソースに仕上がっていますよ。ハンバーグの肉ダネはいつも通り、当教室ではつなぎを使用しないハンバーグをレッスンしていきます。春にレッスンした方は復習しておいてくださいね。初めての方はしっかりポイントを押さえて学びましょう。付け合わせには、本当はさらにアジアンチックにするためにパクチーを使用したかったのですが、苦手な方けっこうたくさんいらっしゃるようでしたので、今回はやめましたf^^;。ピーマン、パプリカ、玉ねぎのソテーをトッピングしますよ。

 

「 鶏ときのこのレモンソテー 」は これからが旬のきのこを鶏肉と一緒に爽やかにソテーした1品です。レモンはサラダや添え物に使用する事が多いと思いますが、こんな使い方もありますよーってところをしっかり学んでいきましょう。

 

「 かぼちゃとブロッコリーのグリルサラダ 」は、これからが美味しいかぼちゃを、やはりこれからが旬のブロッコリーと一緒にグリルしてサラダに仕立てていきます。当教室でのブロッコリーの扱いは、もうご存じの方はいつも通りに、そうでない方はポイントを押さえてレッスンすることで、栄養価の高まった食材を身体に摂り入れることができるようになるわけなんですね。同じ食材を同じ量だけ料理に使っても、調理の仕方が違うだけで、栄養を逃した料理と栄養を高めた料理ができます。さて、あなたはどちらの料理を家族や恋人に食べさせたいですか・・・。

「2022年10月の献立をお知らせします!」

10月前半

10/1(土)~10/16(日)は、 回鍋肉ホイコーロー、厚揚げとエリンギの豆板醤炒め、肉焼売シウマイ の3点です。

 

今回は中華の3品となります、今回の3品も昨年実施した献立で人気の高いレッスンでしたのでぜひ今年の生徒さんたちにも学んでもらいたいと思い再レッスンの3品です。

「 回鍋肉ホイコーロー 」、こちらも中華の定番!白いご飯のお供には最高の1品ですよね。本格的には豚のかたまり肉を一度茹でて、茹で豚を作ってからそれを冷ました後に薄くスライスして調理に使っていくのが本来ですが、そんなこと家庭でやってるヒマ、皆さんあります?忙しい皆さんが手軽に、しかも本格的な味に近い形で調理できるように工夫した調理法を学んでいただきます。

 

「 厚揚げとエリンギの豆板醤炒め 」は豆板醤トウバンジャンをメインの調味料に使った1品。豆板醤の使い方や特徴などもお話しできればと思っています。「和」の食材厚揚げですが中華にもピッタリの食材ですので炒め物に使う時の注意点なども学んでいきましょう。今年7月前半の献立でもレッスンに加えていますのでそれを受講した生徒さんは是非思い出しておいてくださいね。

 

「 肉焼売シウマイ 」シンプルな肉焼売ですが、けっこう面倒くさい感じで避けてますよね、蒸し器も出さなきゃなんないし、一個一個包まなきゃなんないし。もちろん一個一個包むのは避けて通れないのですけど、蒸し器は出すのやめちゃいましょうか。こんな感じでもOKなんですよ、ってところを学んでいただきます。餃子なんかの方がよっぽど面倒くさいし、餃子は冷めたら美味しくありません、それにお弁当に入れにくいですよね。シウマイなら冷めてても気になりませんし、お弁当のおかずとしても使えますよね。昨年の生徒さんの中には、あまりに簡単だったのでウチの定番に何回も作っています!という方も何人もいらっしゃいましたよ^^。包み方なんか少しぐらい不格好でも出来上がりはシウマイになってますから、気にしない気にしない!

10月後半

10/17(月)~10/31(月)は、鯖サバの味噌煮、くるま麩と豚バラ肉のあっさり煮、厚焼き玉子(小ネギ入り) の3点です。

 

今回は和食の3品です。(この献立は2019年のレッスンに取り入れた3品です。)

「 鯖サバの味噌煮 」は、好評ですので毎年レッスンに取り入れています。味噌煮にするときサバの切り身をそのまま使用していますよね、そうすると骨が入ったままなのでとっても食べにくくて魚が嫌いになっちゃう方もいます。もちろん魚には骨が付いてるの当たり前なんだから自分で取り除きながら食べればいいんだ!という食育も大事だとは思いますが、できれば食べやすい方が良いですよね。ちょっと手間ですが、骨を抜いてから味噌煮にする方法で今年もレッスンしていきます。教科書通りの煮方ではありませんのでしっかり学んでくださいね。

あ、それからこの骨を抜く作業を「 面倒くさいから私は骨取らなくていいです。 」と言った生徒さんがいました。骨を取る作業をせずに煮ていただいても構いませんので、ご予約の際「 骨は取らずに煮ます 」とご記入ください。

 

「 くるま麩と豚バラ肉のあっさり煮 」は、乾物のお麩の使い方を学びます。野菜の値段が高い時などは乾物を利用することで食費を抑えることも出来ますよ。

 

「 厚焼き玉子(小ねぎ入り) 」は、和食の定番の卵料理ですね。だし巻き玉子にすると巻くのも難しいですし、ダシという水分がたくさん入るので傷みやすく、お弁当には不向きです。今回はお弁当にも使える厚焼き玉子を学びましょう。基本は甘い系の関東東北バージョンの厚焼き玉子を2本焼いてもらいますが、「甘いのは苦手」という西側地方で育った方は砂糖を抜いたバージョンで焼いてもらいますので、できましたらご予約の時に「 厚焼き玉子は甘くないバージョンでお願いします。」と事前にお知らせください。

「2022年11月の献立をお知らせします!」

11月前半

11/1(火)~11/15(火)は、マカロニチキングラタン、カリフラワーとごぼうのベーコンアンチョビソテー、炒めじゃが芋のジンジャーサラダ の3点です。

 

今回は洋食の3品となります。

「 マカロニチキングラタン 」は、これからの寒い時期ともなるとグラタンのような見た目にも熱々な感じの料理を食べたくなりますよねぇ。でもグラタンはとてつもなく時間もかかるし、洗い物もいっぱいになるし、面倒くさいことばっかりで作る過程を想像しただけでも、「 あっ、やっぱりやめた。」ってなっちゃいませんか?今回はフライパン一つで作れるように時短したバージョンで手軽に作る方法をレッスンしていきます。あ、でもグラタン皿に盛り付けてチーズかけて焼くのは自分の家でやってくださいね、教室でそこまで作ったら、持って帰ったころにはチーズもボソボソになってせっかくのグラタンが不味くなりますから。焼くのはオーブントースターか魚焼きグリルで充分焼けますので、ぜひ熱々でチーズの伸びる感じを味わってください。

 

「 カリフラワーとごぼうのベーコンアンチョビソテー 」は、これからの寒い時期はカリフラワーが出回る季節でもあります。そのカリフラワーを和食の食材のように思われがちな「ごぼう」と一緒にソテーして1品に仕上げますよ。アンチョビの使い方は覚えていますか?以前にレッスンした方は復習ですね、初めての方はしっかり覚えておくととても重宝な調味料として使えますよ。

 

「 炒めじゃが芋のジンジャーサラダ 」は、この秋から冬場にかけては当教室の献立は生姜をたくさん使用した献立がけっこう出てきます。9月の生姜焼きも甘辛生姜炒めも、それから前回の鯖の味噌煮も皆さんが思っているよりたくさんの生姜を使いましたよね。今回はこの洋食献立で使いますよ。洋食で生姜を多めに使用したのは初めてになりますが、今回はサラダに使用します。これからの時期は意識的に生姜を摂ることで免疫力アップにつながることは以前に何度も説明しましたので言わずもがなですね。

11月後半

11/16(水)~11/30(水)は、 よだれ鶏(口水鸡クォウシュィジー)、生姜肉団子の甘酢あんかけ、中華風ごぼうのきんぴら(ベーコン入り) の3点です。

 

今回は中華の3品です。

「 よだれ鶏(口水鸡クォウシュィジー) 」は、初登場の献立ですね、代表的な四川料理の1品で、よだれが出るほど美味しいのでそんな名前になっています。四川料理ということはそれはもう辛いのなんのって。このお料理はラー油が決め手のお料理で、ドバドバのラー油の中に鶏肉が浮かんでる感じなくらいラー油たっぷり使います。中華レストランでは、その店その店独自でラー油を作っているため、各お店のラー油の味、香り、辛さの違いでこの料理の味の違いが生まれるんです。本来はたくさんの工程を経て作られる手間のかかった料理ですが、今回は家庭で手軽に作れるようにアレンジしていますよ。さすがにラー油をレッスンで作るわけにはいきませんので、市販品を使用しますが、本来使われるラー油の量では日本人の我々には辛すぎますから、1/3まで減らしたいと思います。辛いのは全然無理入れないでほしい、という場合は事前にお知らせください。

 

「 生姜肉団子の甘酢あんかけ 」は、昨年もこの時期に取り入れた献立です。これからの寒くなる季節には、しっかり生姜を取り入れて、免疫力を高めてもらいたいとの思いからの1品ですよ。本当に生姜がたっぷり入った肉団子を、本来は油で揚げますが、揚げずにもっと手軽に作る方法をレッスンしていきます。

 

「 中華風ごぼうのきんぴら (ベーコン入り) 」は、和食で作られるごぼうのきんぴらを中華風にアレンジした新献立です。「洋」な食材、ベーコンを使用していますが、花椒(ホアジャオ)の香りを利かせて作っていますので、これからが季節のごぼうを使ってぜひ家庭でもお試しになってほしい1品です。お弁当のおかずとしても最適!ごぼうはその昔、薬としても利用されていた滋養強壮に効果ある食材です。食物繊維もたっぷりで腸内環境を整えるのには最適な野菜ですよ。

「2022年12月の献立をお知らせします!」

12月前半

12/1(木)~12/15(木)は、生姜たっぷり甘辛肉豆腐 温玉添え、鶏とかぼちゃのあっさり煮、きゅうりとワカメとエノキの生姜酢和え の3点です。

 

今回は和食の3品になります。(2020年実施の3品となります)

「 生姜たっぷり甘辛肉豆腐 温玉添え 」は、まぁ毎年秋以降は生姜をたくさん使った献立を実施しています。それもこれも理由はただ一つ、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症が流行る季節ですから免疫力を高めるために生姜を積極的に摂りましょうね、と言ってきたからに他なりません!そして、なんと2020年初めには予想だにしなかった「コロナウイルス」による感染拡大。だったら尚のこと免疫力アップのために生姜を食生活に積極的に取り入れないといけませんね。生姜が苦手な人からしたら殴られそうな献立ですが、お好きな方はぜひともレッスンで学んで実践してください。甘辛い肉豆腐なので白いご飯のおかずにぴったり!今回は温泉玉子をトッピングして頂きます。あ、ちなみに温泉玉子はレッスンしませんよ、超面倒な作業ですから。

 

「 鶏とかぼちゃのあっさり煮 」は今年2回目のかぼちゃ献立です。前回は洋風にアレンジした1品でしたが、今回はオーソドックスな和食の定番煮物の一つ「かぼちゃの煮物」に鶏もも肉を加えて少しおかず感を出した献立をレッスンします。あっさり煮なので時間もかからず簡単です。

 

「 きゅうりとワカメとエノキの生姜酢和え 」はいままで酢の物系はいろいろとレッスンで取り入れましたね。今度はもちろんこの時期ですから生姜を使った酢の物にしてみました。生姜苦手な人に対する嫌がらせみたいですね、特にそのつもりはありませんが、生姜を酢の物に使う事で免疫力アップの他、腸内環境を整えてくれるので疲労回復や美肌効果、自然治癒力のアップなども期待できるんです。生姜を効かせた酢の物、試しに作ってみませんか?

12月後半

12/16(金)~12/31(土)は、フライパンで簡単ローストビーフ、肉詰めピーマンのパーティーツリー風、手羽元チキンの塩ビネガー煮 蕪グリルとともに の3点です。

 

この献立は特別献立です。普段通っている方への感謝の献立ですので、当教室のレッスンを一度も受講していない方は、申し訳ありませんがご予約いただけません、ご理解ください。そしてこの献立につきましては、過去献立のリクエストは出来ませんのでご承知おきください。ちなみに、「体験レッスン60分2品3500円」についてはいつでもご予約可能です。

とても人気の献立ですので、ご自身の都合の良い時に予約したい方は早めのご予約が良いかと思います。

 

今回は洋食の3品です。(今年もこの献立やらないわけにはいかないっしょ!)

ウチの教室ではどこぞのセレブリティな先生が開催しているようなオシャレな献立は全くやりません!

ですが、しかし、さすがに、年末ですし、今年もコロナのこともあって陰鬱な一年になってしまいましたし、なんと昨年はこの献立はラッキー!ってことでいつも2品しか作らない初心者クラスの方たちまでもがプラスのお金払うから3品作りたい!という方がたくさんレッスンして頂きましたので、今年もやらない訳にはいかないでしょ、ってことで再レッスンすることにいたしました!!(パチパチパチ)

ハッキリ言ってこのレッスンは教室的には赤字です(マジで)、でもこれから年末年始にかけて、皆さんおウチでパーティとまではいかなくても家族や親せきお友達などが集まる機会も多くなることでしょう。(ん?多くなるのか?今年は・・・。)ぜひその時の1品に加えて頂けるようなレッスンをしたいと思い、パーティー料理を再レッスンです。パーティー料理といっても、近所のスーパーで揃えられるものばかりですから安心してくださいね。お時間の都合がつきましたらご予約してみてください。(自分でこの料理をデパ地下なんかで揃えたら、とても5500円じゃ揃えられない!といって毎年参加される方もいらっしゃいますよ。)

普段は回数チケットで「 初心者クラス2品 」だけど、今回は3品作りたい!という方は回数チケットを使用せず、今回だけ5500円税込をお支払いいただくか、チケット1回分4000円に1500円プラスする方法でお支払い頂ければ3品のレッスンを受けられます。

 

「 簡単ローストビーフ 」はフライパンで作る牛のもも肉を使ったローストビーフです。「牛のたたき」になってはローストビーフではありませんので火の通し方を学んでいただきます。付け合わせは敷き野菜としてブロッコリー人参じゃが芋のソテーを作ります。

 

「ピーマンの肉詰め」ってわりとスタンダードな料理ですよね、これをパーティーツリー風に盛り付ける方法も含め学んでいただきます。今までのひき肉料理にはつなぎを使わないバージョンでしたが今回の肉ダネは卵をつなぎに使った1品です。1/2ケ分とか中途半端には使いません、とにかく講師は食材をムダにすることが嫌いなので使うなら1ケ使っちゃいます、そうすればムダになりませんし、実はそうすることが必要な理由もあるのでそこらへんも学んでください。

 

「 塩ビネガー煮 」はわざとチキンをこんな形にしちゃいました!ハイ!皆さんの言わんとしていることは分かっています、年末年始にチキンと言えばフライドチキンが当たり前じゃないか!!怒ってる方いらっしゃいますよね、でも、そうでなくても呑む機会も油っぽい物を食べる機会も増えるこの年末年始だからこそ、あえてこういう骨付きチキンの料理法なら胃に負担をかけずに皆さんと楽しい時間を過ごしてもらえるのではないかなぁ、と身体のことも気遣っての1品です。時間の掛かる1品ですのである程度の煮る作業は教室側で準備しておきますが難しい作業ではないので簡単に学んでいただけます。ガラムマサラというスパイスも使っているので香り豊かな1品でこの時季らしい仕上がりです、また合わせて使用するカブには消化を促進してくれる成分もたくさん入っているので胃腸にとても最適です!講師自身はこれが一番人気ないかなぁ~って思っていましたが、昨年もおととしもこのチキンが美味しかった!フライドチキンは重たくなるからこれの方が断然いい!ていう方多かったんですよ。

今後の「スポット講習会」について

< 重要なお知らせです >

スポット講習会についてですが、この講習会は同時間帯に講師含め4~5人以上が同時にレッスンするスタイルになりますため、新型コロナ感染拡大防止の観点から、しばらくの間開催を見送らせていただくことといたしました。新型コロナ感染が収束する、またワクチンが開発されるなどが本格化した時点での再開となりますのでご理解のほどよろしくお願いいたします。